ここから本文です

直江兼続が閻魔大王に送った書状の件ですが、受理されたのですか? 事故死した...

yer********さん

2019/3/1422:53:56

直江兼続が閻魔大王に送った書状の件ですが、受理されたのですか?

事故死した人物と閻魔大王への使者として首を刎ねられた人物が生き返った記録はあるのですか?

閲覧数:
39
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dxt********さん

2019/3/1513:23:30

yerさんは真剣に質問をしているのですか?

上杉景勝の家臣(三宝寺勝蔵または横田式部)が、下人を切ってしまい殺してしまった。
その事に腹を立てた下人の一族2人が「生かしていい張り、兼続が死者をねんごろに葬ってやれと白銀20枚を渡そうとしたが、生かして返せと言ってきかない」
やむを得ないと思った兼続は「そちたちが冥土に行き閻魔大王の所に参り下人を引き取ってまいれ」と兼続の裁定がくだった。

二人の首を刎ねられ、その理由を書いた高札が街角に立てられた。

要は『訳の分からぬことを、いつまでも言っているとこうなる。なにごとも、ほどほどにせよ。と言う見せしめだった。』


★閻魔大王に書状が受理される訳は無いし、首を刎ねられた人間が生き返るなんて事は医学的に考えてもあり得ない!

※『yerさんも訳の分からない質問はほどほどになされたらいかがですか?』

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる