ここから本文です

お線香とお焼香って似通ってるように思うのですが、それぞれどんな意味があるので...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1513:20:07

お線香とお焼香って似通ってるように思うのですが、それぞれどんな意味があるのでしょう?

閲覧数:
54
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tie********さん

2019/3/1513:48:35

死者は香りを食べる。生前に善行を積んだ者は良き香りをたべる、となにかの経典にあったと記憶してます。なので香を焚く、ということなのですが、これは後世の後知恵でしょう。要は、死臭をごまかすためでしょうね。ドライアイスがない時代。香木は高価なので、線香になったのでしょう。昔は香木は舶来物だと思います。

  • tie********さん

    2019/3/1513:59:08

    信長が確か、正倉院にある香木の一部を切ら取らせて持って帰らせたという逸話があったような。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

sak********さん

編集あり2019/3/1513:57:12

>お線香とお焼香って似通ってるように思うのですが、それぞれどんな意味があるのでしょう?

もともと抹香を焚く焼香があって、後から線香が発明されました。焼香の粉を練って棒状にしたものが線香です。

香を焚く意味では、焼香も線香も同じです。仏様に相対する時に、香を焚いて自身を清める(自分の嫌な臭いを消す)ために行います。

仏教の発祥地であるインドは、とても暑い国です。そこから、汗の匂いなど体臭を神聖な神仏に及ばさないように香を焚いたのがその起源です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

des********さん

2019/3/1513:24:33

全然ちがいます。
お線香は物の事で火を付けると香りがしたりします、蚊取り線香も仲間ですね。
お焼香は香木を削って粉にしたものを葬儀などで参列者が親指と薬指でつまんで燃やす行為の事です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる