ここから本文です

原発賛成派の方にお聞きします。 なぜ、原発が必要だと思いますか?

アバター

ID非公開さん

2019/3/1601:05:22

原発賛成派の方にお聞きします。

なぜ、原発が必要だと思いますか?

仮に日本から原発が全て無くなったときに生じるメリットとデメリットを教えてください。
再生可能エネルギーが普及しない理由も教えてください。

閲覧数:
95
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cbg********さん

2019/3/1606:56:41

欠点欠陥は事故の対策がないこと。

原発推進派の方からは対策は示されません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kka********さん

2019/3/1701:05:34

世界の電気需要は27年間で2倍に増えて居て、そのペースは衰えません。理由は人口大国の殆どが途上国で、情報化社会の中でよりよい生活を求めるためには、電気があればあるほど良いからです。

世界の人口のうち、先進国は20億人にも満たないでしょう。残りが55億人は途上国です。途上国でもアジアは40億人以上もあって、経済成長は目覚ましい物があります。

これらの国が先進国に近づくにつれて電力需要は衰えることなく現在の2倍以上に成ると言う予測は可能性が非常に高いのです。また先進国でもスウェーデンなどは原発比率を高めると宣言しています。フィンランドは現に大型原発1基であっという間に比率だけは原発大国並みです。

ウクライナはGDPが低い農業国ですが世界7位の原発大国でさらに2基くらい建設中の陽です。ヨーロッパが原発に不熱心だとは言えません。先進国以外のヨーロッパでは結構原発導入に熱心で、それは電力を原子力で確保しようと言う方針だからです。

また先進国の中でもイギリスの様に近い将来電力シェアの中で原発が50%以上を占める計画の国もあるのです。イギリスは既に再エネが25%を占めていますが、ドイツの28%を最高にして西ヨーロッパ各国で再エネが交代しています。

その中で例外的に日本だけが原発を後退させて火力発電を増加させて再エネも進めているのです。日本は直接福島原発事故を経験しましたが、その事について、ロシアなどは全く影響は見せず、中国だけは1年間計画をストップさせましたが、その後の推進状況はすさまじく世界の原発推進をリードしています

日本だけが例外的に再エネを推進していますが、ドイツなどの西ヨーロッパの様な25%まではいかず、そもそも目標が水力を含めて22%と最初から低くしていますがさいえねは簡単に増やせるのですぐに10%になったら再エネ賦課金で電気料金が上がっているので、早くもセーブをかけているのだと思います。日本は水力が7%でほぼゼロのドイツより最初から多くても15%までしか目標をたてていたのですが、ドイツの電気料金の高さをみたらダメだと政府も思ったんだと思います。

また原子力に対しても極めて消極的で、福島原発後の世論を気にしているのだと思います。再エネはもう少し増やすつもりで後押しもするみたいですが、力を入れた洋上風力発電が設備利用率わずか3%と大失敗したので、意外にこれ以上は進めないかも知れません。

日本から原発が亡くなるとは思えません日本国民は電気料金が原発無しでやるなら40円にもなるほど経済力はないのです。さらにCO2はいしゅつりょうはドイツよりも上であり、国際的にも責められるはずです。国内原発も稼働もさせずに地球温暖化に寄って、自国も気象災害で多くの人命を失わせているのに、とにかくこの国は災害に対しては保障も低く、諦めろと言わんばかりなのに、原発事故での避難した人は自主避難だろうが手厚い補償など賠償金と言う形でするのです

恐らくこのつけは国民の分断という形で政府に大して多くの不満が来ると言う形で来ます。ボタンティア活動に参加する事を否定する風潮も生まれるかも知れません。声さえ大きければ少数の言う事を聞く国、それが日本と国民が判断したら道理を通す事も指示などされないでしょう

選挙前、あれほど反原発をいっていた野党は国会の争点にもせずに政府もそれを良い事に堂々と再稼働する姿勢を見せなければそれで良いとかそういう風にしか見えません。

実際経済的に高い電気料金で製造業は後退して本当の景気の上昇なんか起きません。後30年間で日本は世界の二流国になり、人口だけは多くても発言力は無し。指導的立場になど建てるわけがありません。国連の常任理事国入りなどもドイツと共に難しくなるでしょう。

デメリットばかりだと思います

pqa********さん

2019/3/1608:11:11

再生可能エネルギーについて、太陽光は当初の予想をはるかに超えて普及しています。固定価格買い取り制度のおかげです。もちろんその普及の為に、消費者は電気代の一割以上の賦課金を電気代に乗せて払っています。

cso********さん

2019/3/1607:59:00

電気が足りないからです
原発すべてを無くすなら、その分は火力発電で賄うことになり、それは余分な天然ガスが必要になる
原発を無くすメリットは一つもない
再生可能エネルギーなど、原発や火力、水力発電にバックアップしてもらわないと成り立たないもので、再生可能エネルギーを増やすなら、その業者にバックアップ分の電力も自分たちで確保することを義務付ける必要がある

プロフィール画像

カテゴリマスター

fem********さん

2019/3/1601:39:20

私は決して原発に賛成しているわけではありませんが、中立的な立場からコメントさせてください。
日本にはエネルギー資源が限られていることと運用コストを考慮すると、原発に期待せざるを得ない面があります。そこでこれまで原発設備に走っていたのですが、ここで新しくシェールオイルの存在がわかってもすぐには方向転換できず、現在の需要に対応させるまでに時間がかかってしまう問題があります。ある意味で不謹慎ですが、これまで原発に投入した費用や養成した技術者をいきなりクビにするわけにもいかず、つい……。再生可能エネルギーもなかなか需要に追い付かない現実があります。
だからといって、原発事故による影響の大きさを無視するわけにもいきません。ここでもう一か所、原発事故が起きたらどうなるかをあまり考えていない(おきるわけないさ、さらに慎重に運用すれば何とかなる)ように見受けられる気がして、怖いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる