ここから本文です

渓流魚の放流、天然の見分け方で疑問があります。一般的にパーマークが不揃いなも...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1601:16:18

渓流魚の放流、天然の見分け方で疑問があります。一般的にパーマークが不揃いなものが養殖、揃っているものが天然と言われますが、私が行く川では天然のヤマメはおらず全て放流となっています。しかし、そのヤマメは

パーマークが揃っており、黒模様が少ないです。一方漁協が放流できないような源流でパーマーク不揃いで黒点が多い個体がいる渓流もあります。実際に放流魚と天然魚を見分けることは可能なのでしょうか?

閲覧数:
69
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xxx********さん

2019/3/1608:43:15

天然のヤマメか養殖のヤマメかを見分けるには背中の黒点が
一番の手がかりになります。天然型はくっきりとした黒点が
たくさんあるのに対して養殖型は黒点が少なくぼやけ気味に
なります。
パーマークの揃い方は天然でも系群から引き継がれた個性の
現われで不揃いの場合があります。
マダラヤマメなどは特に特別な系群と言えます。
河川が違えばヤマメの血筋の影響で個性が偏る場合がありま
す。
その他、天然は養殖型に比べてややぬめりがある事、養殖型
はエラ蓋が未発達である場合がある事もあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

blu********さん

2019/3/1610:28:41

まず初めにお断りしておきますが、養殖魚も河川に放流されてから時間が経つと。天然魚に極めて近い魚体にまります。
したがって、シーズン終盤まで生き残ったヤマメと天然魚を外見で区別する事は、ほぼ不可能と思って良いでしょう。

昔の養殖ヤマメは「黒斑や小黒点が多い」「体色が黒っぽい」等の理由から「ニジマスとの交雑種である」と誤解していた人も多かったのですが、実際は遮光物や物陰が全くない環境で飼育されたために体表のメラニン色素量が増え、いわゆる『日焼け』の状態になっていました。
そのため釣り人の間では「ニジメ」とか「ミジメ」とか呼ばれ、天然魚至上主義の釣り人は敬遠する傾向があったのです。
ところが近年では養殖技術も改善され、河川に放流される魚も綺麗な色調の魚が多くなってきました。
ただし過密状態で飼育されるために発生する鰭の欠如等は如何ともしがたく、その結果放流魚の多くは各鰭が変形していたり、尾鰭が丸くなったりしています。

また天然魚であっても開けた浅い渓相に生息する魚は養殖魚と同じように体色が黒化しまが、全く日陰の無い環境は極めて少ないので、前記の「ニジメ」「ミジメ」のような魚が釣れる確率は低くなります。

更に天然魚では尾鰭の上下端がオレンジ色になっている事が多いのですが、これは餌となる水生昆虫から得られる「アスタキサンチン」という色素によるもので、人工飼料で育てられた魚には見られない特徴と言えます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tab********さん

2019/3/1608:27:15

今の時代は,完全な天然の渓流魚は,ほぼ居ないと私は思います。
ご質問者様が源流で釣られたヤマメはおそらく,在来種と放流魚が混合したので綺麗さに欠けてるのだと思います。混ざれば模様はきれいではなくなると私は思います。放流した方が綺麗というのは同一養殖場で模様がそろってるからだと思います。
相当,昔から放流が盛んでもともとヤマメが居なかった渓流にヤマメがいたら放流ものです。
その河川の過去の釣り場マップなどを見ると,当時いなかった魚がみられることもありますので,確認されると良いかと思います。漁協に確認するとどこの養殖場からのものなのか見せてくれたり放流日に釣るとハッキリすることがあります。
一度釣れなくても放流を止めて数年間禁漁にすることでそこで自然に繁殖する個体の調査をしているところもあります。
天然と養殖の見分けは難しいと思います。

aku********さん

2019/3/1605:47:29

天然か養殖かというのは、釣り場でもここ(知恵袋)を含むネット上でもよく話題になりますよね。

で、皆さん、いろいろな解釈、解説をされていますが、そもそも、私は、天然か養殖かの明確な線引きがどこにあるのかすらよくわかりません。
もちろん、その年に成魚放流されたような魚は、鰭の形や模様の不鮮明さなどですぐわかりますし、釣れてもちょっと残念な気持ちにはなります。(まったく、釣り人の勝手ですが)

が、稚魚放流、あるいは、成魚放流された魚でも、生存競争に勝ち、かつ、釣り人に釣り上げられないで、自然河川で年を重ねれば、例え、よく放流魚の特徴と言われる「不揃いなパーマーク」を残しながらも、鰭は大きく育ち、色づきもよくなり、とても美しい魚体になると思います。

なので、私は、天然・養殖にあまりこだわらず、単に美しい魚体の魚が釣れたら、素直に喜ぶようにしています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる