ここから本文です

南海トラフ地震が起こる前は中規模地震が起きたり、地震が頻繁に起きるなどの前触...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1623:57:40

南海トラフ地震が起こる前は中規模地震が起きたり、地震が頻繁に起きるなどの前触れはあるのでしょうか?

閲覧数:
72
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2019/3/1700:17:47

昭和期の南海トラフ地震(東南海地震:1944年)が発生する前の10年間には、添付マップの通りの地震が発生しています。
※ 機械式の震度計が使われていましたし、戦時中を含みますから観測能力はかなり悪いです。

ご覧の通り、南海トラフ域周辺ではそれらしい前震は発生していません。

南海と来季の最下部には太平洋プレートが関東側から関西付近まで潜り込んでおり、その水平移動圧力が屈折して浅い位置にあるフィリピン海プレートを持ち上げるように働きます。
そのため関東の東側海域での地震が活発となり、伊豆半島付近での浅い位置で中規模以上の地震が増え、さらに余ったエネルギーが南海トラフ域のフィリピン海プレート浅部を動かして南海トラフ地震が発生すると考えられます。

● 昭和東南海地震が発生するまでの10年間

昭和期の南海トラフ地震(東南海地震:1944年)が発生する前の10年間には、添付マップの通りの地震が発生しています...

  • yos********さん

    2019/3/1700:20:33

    こちらは最近の地震観測記録で作成した地下の構造です。
    力がどのように伝わるのかを読み取ることができると思います。

    ●2018年4月から2019年3月14日までの震源記録で作成

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

len********さん

2019/3/1814:28:33

海溝型の地震が起こる前に、内陸側での地震活動が活発になることは知られています。東北地方太平洋沖地震の前には、宮城県北部地震(2003)、岩手・宮城内陸地震 (2008)などが起っています。また、前震と考えられる地震(M7.3)が前々日9日に起こっています。
これらの地震は、本震と関係があると考えられますが、発生した時点でそれが本震とどうつながるかは明確ではなく、後から検証するとというようなレベルでしかありません。
今後、南海トラフ沿いの諸地震が近づくにつれて同様の地震が起こると考えられますが、それが前兆現象であるかどうかを判断する基準がないのが実情です。南海トラフの大陸側では、すでに兵庫県南部地震、鳥取県西部地震、芸予地震、福岡県西方沖地震 、能登半島地震 、新潟県中越沖地震、駿河湾地震、熊本地震とすでに前駆的な性質を持つと考えられる地震が起こり続けていますが、これがどのように結びつくのかはわかりません。
また、震源付近は海底であり、日本海溝沿いよりは観測体制が出来つつあるとはいえ、東北地方太平洋沖地震の前震のような地震が起こっても、それを的確に分析できるかどうかは未知数です。
研究者ではないのですから、前兆云々に惑わされず、突然やって来ても対応できるような心構えと準備をしておくしかないと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/3/1709:28:33

中小の地震活動は前触れではないでしょう。

南海トラフ地震の前触れについては内閣府の調査部会で検討をされました。その結果、これが確実に地震の前触れである、という現象はない、という結論になりました。

南海トラフ沿いの大規模地震の予測可能性に関する調査部会
http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/tyosabukai_wg/

ですので、小さな地震が起きたときに、南海トラフ地震の前触れだ、と騒ぐことに意味はないです。

ネットで騒いで居る方は、人を不安にして喜んでいるだけです。地震の専門家や研究者ではありません。地震のことが不安な人はネットで情報を探すのですが、こういう信頼できない情報をみて、ますます不安になるのって、逆効果ですよね。

南海トラフ地震の危険性が高くなったと考えられるときには、気象庁が臨時の情報を出します。テレビやラジオなどでも伝えられますので、ネット以外の情報源を頼るようにしましょう。
https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/nteq/info_criterion.html

さて、知恵袋では「南海と来季の最下部には太平洋プレートが関東側から関西付近まで潜り込んでおり、その水平移動圧力が屈折して浅い位置にあるフィリピン海プレートを持ち上げるように働きます」というような回答を見ることがありますが、圧力が屈折することは物理的にはあり得ないことです。完全なウソです。

難しいことばを使えば、地震の専門家っぽく見えるだろうと思って、人をだまそうとしているのでしょうか。知恵袋の使い方はいろいろあると思いますが、なんだかなあと思います。

son********さん

2019/3/1700:13:25

阪神淡路大地震の時にはどうだったのでしょうか?東日本大地震の時には、前振れが見られました。確か阪神淡路大地震の時には、いきなり本震が来たように記憶しています。前振れは、有ることも無いことも有るのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる