ここから本文です

5月5日が祝日に制定されたプロセスは、妥当だったのでしょうか?寒冷地の都合でそ...

hel********さん

2019/3/1710:26:09

5月5日が祝日に制定されたプロセスは、妥当だったのでしょうか?寒冷地の都合でそうなった可能性があるようですが。また、このプロセスは今に通用するのでしょうか?

新暦5月5日が「端午の節句」の発展系的に「こどもの日」という祝日(社会全体の休日)に制定されたプロセスと、それが妥当か、また当時はともかく今に通用する都合なのか、をお尋ねしたいと思います。

まず、新暦3月3日が祝日(社会全体の休日)にならず、5月5日がそうなった理由ですが、寒冷地でそうする事が不都合という事でそうなったという説があります。あるネット上の百科事典的なサービスの「ひなまつり」の記事の「雛祭りが祝日でない理由」にそう書いています。

しかし、仮にそうだとしたら、寒冷地以外の地域の都合が軽視された事になってしまいます。
それ以外の地域の都合は軽視されてもいいのでしょうか?

寒冷地(とされる地域)がどういう地域かは後で示しますが、東京や、京都・大阪などの「上方」の主要な町(つまり日本の「中央」)、もしくは南関東以西の平地でも、確かに新暦3月3日頃は、そこそこ肌寒い事もあります。南岸低気圧が通過した場合は雪が降り、積雪する事もあります。
しかし、通常は、その時期にはこれらの地域では、露地で梅や菜の花などが咲き、早春らしさがそこそこ感じられます。
ましてより温暖な地では尚更です。
流石に沖縄などは別格としますが。

いずれにせよ、春を祝う行事を遅めにする事(を押し付ける)は、温暖な地域に対してその都合や独自の文化を軽視する事になるのです。

確かに、寒冷地とされる地域では、3月3日頃に限らず、3月の大半が冬に近い気候の事も多いようで、4月後半以降にようやく春めく場合も多いようです。しかも、4月20日頃に除雪して冬季閉鎖していた道路を再開する例が、東京から200キロ以内の栃木・群馬県境にあったりします。
(なお、全国的な行事の基準に合わせる対象は、最北でも東北地方か道南あたりとします。それ以北の都合に合わせたら、沖縄にあわせる事と同様の困難が生じるはずです)

しかし、寒冷地の方々に我慢してもらう(寒冷地ではその時期を真冬の他の雪遊びや雪見の機会にしてもらうか、ローカルルールでずっと後に週末等に祝ってもらう)事はできなかったのでしょうか?
(なお、露地でお彼岸の頃に花が咲かない寒冷地では、春のお彼岸に造花や絵ろうそくを飾る習慣があったようです)
それほど、寒冷地の都合は軽視できなかったのでしょうか?

また、この都合が今に通用するかどうかをお尋ねする理由ですが、近年では全体としては気候が温暖化しており、よって5月5日を祝日に制定した時代(1948年頃のようです)とは異なる状況下にあるからです。
3月上旬でも春らしさを感じられる地域が増え、一方5月上旬は既に暑くなっている例も多いのです。
それでも、見直ししてはいけないのでしょうか?

なお、私は端午の節句を軽視するつもりはありませんし、何らかの理由をつけて「こどもの日」のような祝日を設けても構わないと思いますし、それ以前に春季のどこかに祝日(週末等以外の休日)があっても良いと思います。

しかし、新暦5月5日が祝日である事は、遺憾ながら以下のような不都合をもたらすのも事実のようです。
①端午の節句を旧暦や月遅れの5月5日に祝う事を封じ込めてしまう。そういう都合の地域・集落・家系等の都合はどうなるのか。
②新暦5月5日が祝日(休日)になる事で、冬至や雛祭りや七夕など、それに近い性格の行事と異なり、日常生活の場(児童なら学校等)ではこの行事を行えなくなる。
③もし5月5日が孤立した祝日なら顕在化しない問題だが、実際は早くから5月3日も祝日であり、更に5月4日も祝日になって久しい。このため、新暦5月5日を端午の節句やこどもの日として祝う意識自体が顧みられない、親などが子の意思に関わらず遠出に連れて行く等で子の交友関係が阻害される等の問題がある。
④上記状況は、冬至や雛祭りや七夕など、それに近い性格の行事に比べて著しくバランスに欠く。

結局、新暦5月5日が祝日で好ましいのは、(本州以南の?)寒冷地に住み、家意識に凝り固まり、その日に離れた土地に住む息子・娘夫婦が男の孫を連れて来る事を喜ぶ、男性高齢者に限られる、ように思えてしまうのです。

閲覧数:
36
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jya********さん

2019/3/1712:28:40

屁理屈こねず、休める人はゆっくり休めば良いんだよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

deo********さん

編集あり2019/3/1718:09:27

「春季のどこかに祝日」

春分の日や昭和の日は?
ーーーーー
こどもの日について議論するなら
「ゴールデンウィーク」と言うものも考えるべきでは?
子の交友関係を阻害って
それこそ家族でどこか行けますよね。

それと5月5日が祝日だと学校で行事が行えなくなるって
何やるんでしょうか
例えば3月3日は祝日じゃないですが
特に学校で行事行われてましたっけ?

逆に祝日にする事により学校の垣根を超えて
行きたい子供が好きなように参加できる
「こどもまつり」のようなイベントは可能ですよね。

----

あと確かに寒冷地は3月3日はまだ雪残ってますが
「ひな祭り」自体は雛人形さえ飾れば祝えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ima********さん

2019/3/1716:43:05

妥当だと思いますよ。

そういう寒冷地ナンタラと言ったら、北海道民を軽視して良いわけにはなりませんよね。
さて、北海道は5月5日でもまだストーブの日が必要と聞いたことがありますが、北海道の気候に合わせて行事は全て6月から9月までに集約しますか。

端午の節句に柏餅ひとつ与えられなかった悲しい過去の恨み辛みが忘れられずに今日まで生きてきました~というお嘆きだということは十分伝わりましたからご安心を。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる