ここから本文です

手巻きタバコのフィルターとヤニ取りフィルターの効果の違い 手巻きタバコに使...

g27********さん

2019/3/2422:00:03

手巻きタバコのフィルターとヤニ取りフィルターの効果の違い

手巻きタバコに使用する際に
コットンやセルロースのフィルターを巻いたタバコと

両切り状態のタバコにヤニ取りフィルターを差し込んだタバコ。
(ミニパイプ・スーパー25のようなパーツです)
吸っていて歯にヤニが付きづらいのはどちらでしょうか?
歯が黄色くなるのを抑えたいので・・・。
もちろん両方装着した方がヤニを防げるとは思いますが
3パターンそれぞれの味わいに、どのような変化があるのか
教えてもらえると幸いです。

閲覧数:
55
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ich********さん

2019/3/2719:50:16

個人的見解ですが、元々付いてるフィルターは
葉っぱが口に入らないように
ニコチンタールの調整

後付けホルダーは
ニコチンタールの低減

の目的です。

歯が黄色くならない様にするには?

吸わない
頻繁な歯磨き

出来るだけ軽い煙草にホルダー付けて頻繁な歯磨きすればいい。
これが答えです。

質問した人からのコメント

2019/3/29 11:03:14

〉〉出来るだけ軽い煙草にホルダー付けて頻繁な歯磨きすればいい

まあそういう答えに行きつきますよね。
ありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる