ここから本文です

「ヱヴァンゲリヲン 劇場版:Q」に対する不評は、次の三つの事例の内どれに近いと思...

itb********さん

2019/3/1814:33:31

「ヱヴァンゲリヲン 劇場版:Q」に対する不評は、次の三つの事例の内どれに近いと思いますか?
1.「ルパン三世 カリオストロの城」のルパン三世の当時のイメージとはかけ離れた内容。
2.スタ

ー・ウォーズプリクエル三部作のオリジナル三部作との毛色の違い。
3.Fate/stay night における、前二ルートに対する「Heaven’s Feelルート」のシナリオのベクトル及びヒロインのキャラクター性の違い。

閲覧数:
62
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sag********さん

2019/3/1814:52:29

まぁあえて挙げるとすれば1でしょうね。
Qの公開時に劇場に足を運んだ人たちは巨神兵が見たかった訳でも14年後の話が見たかった訳でもなく、破の続きが見たかったんです。
お寿司やさん行ってピザが出てきたらお客さんは怒りますよね。それと一緒です。
庵野監督的にはあえてのハズシだったんでしょうけど、視聴者からすると意味不明でしたよね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nem********さん

2019/3/2010:50:38

1 何で囚われのお姫さまを助け出す奇麗な王道をルパンでやる?

3 主人公の選択と(正義の味方とは何かという)課題の解決。
寧ろ2ルートの方向性がかわってない方が気になる。
桜、ヒロインそのものに嫌う要素がな


1。破から視聴者が期待する中身を、Qで無茶に外した。なんやこれ、が初見の感想。
(良いところ? 往年のファンが知ってる事を圧縮した)

adm********さん

2019/3/1820:24:48

3は全然知らないので分からないですが、
1と2は違いますね。私の中では。

1と2は、その作品への敬愛、尊敬があるなかで、違う監督が作ったことによる変化。
ある意味当然とも言えます。

でも、エヴァは監督は同じですし。
明確な不満としては2つ。

○15年後は長すぎ……。若いキャラが成長するのは楽しいですが、主人公たちパイロットは成長しない。
なのに、アラサーのミサト達から、しっかりと年齢が高まり、ジジババ化してる。
つまり、15年経って良くなったキャラがトウジの妹しかいない。
(マヤも年齢が高まりヒステリックだし)

○空飛ぶ戦艦はダメでしょ。
エヴァはエヴァとしか表現できない戦い方が特徴的だったのに、ヴンダーとかヤマトかよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rir********さん

2019/3/1815:03:23

どれも不評の意味合いがちょっと違うんじゃないでしょうか。
あえて言うなら、エヴァンゲリオンTVアニメシリーズの24話「最後のシ者」が放送された翌週に25話「終わる世界」が放送されて、翌週に「世界の中心でアイをさけんだけもの」で完結した時の不評にとても近い印象でした。
庵野さんまた同じようなことやってるのではっていう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる