ここから本文です

交通事故の後遺障害について症状固定後医者には、後遺障害認定は、無理でしょうと...

tan********さん

2019/3/1819:56:46

交通事故の後遺障害について症状固定後医者には、後遺障害認定は、無理でしょうと言われてたのですが弁護士の先生に後遺障害認定の手続きをお願いしてて今日14級9号が認定されたと連絡があり詳しことがわからなくそ

のまま手続きを進めていただくように返答したのですが手術もして術後の通院でMRIを撮りまた手術しないといけないかもといわれてたのですが手術は、なく症状固定なりました。
調べてみると14級9号は、神経に症状をのこすものとあり12級13号は、頑固な神経に症状をのこすものととあってMRI画像でまた手術が必要かもといわれてたので画像でも確認できる所見があると思います。異議申し立てして等級が上がることができるでしょうか?
明日また弁護士の方に連絡して詳しく話してみようと思うのですが、知識がないため詳しい方回答をお願いします。

補足怪我したのは、左手首でTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)です。障害は、術後固定してたの外したときは、手首が動かなくこれってやばいかも元通りに動くかなと思ったほど全然動かなく焦りましたがリハビリでなんとか動くようになり今は、重たい物を持つと痛みかなり重たい物は、痛みのため持つことができません。あと手首を過度に動かしたあとなどは、痺れや痛みといった症状がでます。

閲覧数:
271
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oas********さん

2019/3/2005:51:56

弁護士先生の言う通り14級が妥当かなあと思います。異議申し立てをして認定されるに越したことはありません。この後非該当とされたのであれば訴訟をするか、ですが・・・そのころにさらに症状がよくなっているようであればやめたほうがいいのかなあと思います。

この辺の訴訟に関しては厳しい判例が多い気がします。

おそらく医師の見立てではその症状が永続的に続くとは思われない。と考えられる可能性が高い気がします。

気を付けるべき点は職業が不明ですが肉体を酷使する仕事などであれば喪失期間なども考慮されたほうがいいのではと思います。個人的に12級に執着するよりは仕事内容によりますが喪失期間にこだわるべきかと思います。

相場では3~5年ですが10年認定された事例もあります(ただし裁判前提でしょう)。これが二年では少なすぎますし、仕事内容では5年でもどうかというところです。

喪失期間などの計算方法は自身でお調べください。現実的にもこちらをメインに交渉していくほうが保険会社も認めるかもしれません。

  • oas********さん

    2019/3/2005:57:09

    弁護士事務所HPより抜粋

    >TFCC損傷が後遺障害として認定される場合,手関節の可動域制限が出ているときには,上肢の機能障害として第10級10号や第12級6号が,手関節の可動域制限が出ていない場合であっても神経症状として第12級13号や第14級9号が認定される余地があります。
    TFCC損傷は,後遺障害の等級認定手続の中でも,等級が認められず非該当になってしまったり,低い等級の認定結果しか得られないことが散見されます。これは,交通事故の受傷時期と傷病名の診断時期にズレがあること,軟部組織のためMRIなどの画像所見による明確な立証が必要であること,後遺障害としての傷病名の認知度が低いことなどがその原因でないでしょうか。

    部位が部位ですので喪失期間にこだわるべきかと思います。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/24 11:00:41

みなさん回答ありがとうございます。
今回ベストアンサーは、詳しくいろいろお話ししてくださりいろいろ相談にも乗っていただいた方をベストアンサーとさせていただきます。
これから後遺障害の異議申し立てしてる間に喪失期間について勉強させていただきます。

この度は、皆様ありがとうございました。、

「後遺障害認定」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

aj1********さん

2019/3/1918:25:06

>リハビリでなんとか動くようになり今は、重たい物を持つと痛みかなり重たい物は、痛みのため持つことができません。あと手首を過度に動かしたあとなどは、痺れや痛みといった症状がでます。
→12級と14級の違いは
12級:後遺障害診断書上に常時頑固な神経症状(痛みや痺れ)があると記載されており、その症状を説明できる他覚的所見(画像など)がある。

14級:後遺障害診断書上に常時神経症状(痛みや痺れ)があることが記載されていて、他覚的所見ははっきりしないけれど治療経過から神経症状があると推定される。

今回のケースでは「常時頑固な症状がある」と「他覚的所見がある」の2点が12級になるかどうかの分かれ目。
「○○したら症状が出る」場合は「常時」ではないけれど、「重たい物は、痛みのため持つことができません。」がどう評価されるかによるので、気持ちを整理するためにも異議申立てはして見た方が良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nnk********さん

2019/3/1823:56:12

損保担当者です。
14級と12級の違いについては、医学的に説明がつく障害が14級、立証できるのが12級とされています。
あなたの症状固定時の状態がわからないのですが、可能性はあると思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yuy********さん

編集あり2019/3/1822:43:27

その程度なら14級貰えてラッキーだと思った方が良いかと思います。
自分は骨折し手術もしあなたよりもはるかに重い障害が残ったにも関わらず初め14級でした。
異議申し立ても無料ですからやってみる価値もありですから(^ω^)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ebi********さん

2019/3/1819:59:04

弁護士は相手のですか?
あなたのですか?

生活にどのくらい支障がある後遺障害ですか?
具体的にどのような感じですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる