ここから本文です

アサルトライフルやサブマシンガンはなぜ「小銃」なのですか?拳銃に比べて大きい...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1913:12:24

アサルトライフルやサブマシンガンはなぜ「小銃」なのですか?拳銃に比べて大きいと思うんですけど(名推理)

閲覧数:
49
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ode********さん

2019/3/1913:56:08

小銃のWikiに書いてあったので勝手に引用

""日本では江戸時代の終わり頃まで、銃砲(GUN)のうち、大きいもの(砲)を「大銃」とよび、小さいもの(銃)を「小銃」と呼んでいた。明治時代に入ると大きいものを「砲」と表現するようになったため、「大銃」という表現は次第に使われなくなり、歩兵が用いる個人用銃を指す「小銃」という言葉のみ残ったのである。""

アサルトライフル(小口径自動小銃)は歩兵の基本となる装備であり、当時使用していた小銃の直系の子孫なので、現在でもそのまま小銃と呼称されています。



余談だけど、拳銃弾を使用するサブマシンガン(短機関銃)は、小銃のカテゴリーに当てはまらないゾ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tam********さん

2019/3/2315:14:51

昔は大銃(大型で固定して射撃する)と小型の小銃(歩兵の携帯用)
がり、戦場で個人使用する銃器を小銃と呼ぶようになりました

st_********さん

2019/3/2007:22:29

直接的には大砲に対し小銃といいます

大銃、小銃については大筒、小筒と表記することもありました。

aho********さん

2019/3/1913:34:44

兵士一人で持ち運べ、一人で撃てる軽量銃だからです。

機関銃とか大砲は一人では使えませんからね。
そしてその頃の拳銃はまったく戦力にならないので、軍隊ではものの数に入りません。
護身用・部下の処刑用・自決用に自費で持つものでした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる