ここから本文です

福島県の南相馬病院において原発事故後、ガン、白血病などの患者が急増しています...

pat********さん

2019/3/1919:33:16

福島県の南相馬病院において原発事故後、ガン、白血病などの患者が急増していますね?データは病院からのものなので信頼できます。

http://m-soma-hsp.com/info/20181212/


福島県の人口自体は激減しているにもかかわらず、これらがこれらの疾患が急増していることについて、原発賛成の人は、合理的な証拠をもって否定できるでしょうか?
病院も減ったからですかね?それならばちゃんと数値をもって示してください。

下はある環境団体のグラフです。福島県のガンその他の病気の急増が顕著に現れています。これらを否定してほしいものですものです。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2315

一部の原発賛成派のように被害を受けたのは人間じゃないから、
原発事故による人的被害はゼロで通すのでしょうか?

補足相馬病院の全体数が分からないという指摘がありますが
ここに書いてあります。

http://m-soma-hsp.com/about/gaiyou/

平成22年(震災の前年)は平成29年より患者総数が多いです。
平成23年(震災の年)は、急激に総数が減っていますがこれは避難のためです。
平成24年以降徐々に回復して、 現在震災前の総数に近づいています。

癌や心筋梗塞を震災前と現在とで比較した場合、急増しているのがわかります。
信じがたいデータなので否定できるものなら否定してほしいです。
しかし現実に癌や心筋梗塞が急増しているのなら、震災と原発事故、
特に原発事故が原因だと推測するのが道理でしょう。

甲状腺癌,福島県,これら,原発賛成,原発事故,白血病,スクリーニング限度値

閲覧数:
237
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2019/3/2020:14:43

正に、南相馬市立総合病院に置ける患者の傾向として、原発事故後の癌、白血病、心筋梗塞等の被曝健康被害が多発している事は明白でありあります。

以下、私の別IDでの回答の一部を転載致します。

『福島第一原発は、事故基の4基が地上に剥き出しになっており、地下にはメルトアウトした溶融燃料が地下水脈に触れて汚染水を作り続けております。大気へは大量の放射性物質が放出され続けており、地下で作られる汚染水は太平洋に垂れ流し続けておるのであります。それに、ボロタンクからの高濃度汚染水の漏洩が土を汚染させて、地下や排水口から太平洋に垂れ流し続けてと成っておるのであります。
太平洋に垂れ流し続けてられておるのは、超危険猛毒核種のトリチウムが東電発表で40兆Bq(小出裕章助教によると1000倍の4京Bq)、骨に溜まって内部被曝を一生に渡り受け続けて被曝死へと追い込むストロンチウムが20兆Bq(同2京Bq)、セシウムが10兆Bq(同1京Bq)と現在進行形で流出中であります。この事は、太平洋全域の海洋生物を猛毒核種が汚染し尽くす事を意味し、食用可能な海洋資源は太平洋には存在しない事に成るのであります。
当然に2年半以上垂れ流し続けているモノが、東京湾や関東の水系に流入したり、大気から下降して水を汚染させている事は疑いようの余地がありません。

http://inventsolitude.sblo.jp/article/53148788.html

放射性物質は剥き出しの核燃料プール等から大気を汚染させ続けており、東日本全域をほぼ覆っており、ストロンチウムやプルトニウム等の猛毒核種、子供の甲状腺癌を発症させるテルル132→ヨウ素132への変異が永続的に続いており、関東などでも子供の甲状腺癌の発症の事例が出て来ております。
上のURLにあるように、50〜60歳代の人の突然死、若い世代や若年層の突然死が相次いでおり、此れを福島第一原発事故由来の被曝死亡者と言う事を否定する事は、完全に非常識極まりないと思うのであります。また、福島の妊婦の15人中の12人が、奇形児を産んでいる事も、福島第一原発事故の影響である事は疑いの余地が無いのであります。
何れにせよ、放出・漏洩している核種別の放出量も、拡散状況も、健康被害実態も、被曝死亡者数も全て東電、経済産業省、自民党、御用マスコミ、御用医師等により隠蔽されており、国民を被曝死させるために故意に【国民への情報開示】を行わず、被害の拡大を希望しているようにしか思え無いのであります。』

そこで、本題に入りますが、福島県の人口自体は激減しているにも拘らず、癌、白血病、心疾患等々の被曝健康被害が激増しており、原発賛成派は合理的証拠(数値)をもって否定して貰いたいモノであります。

二つ目のリンクのグラフを見ましたが、明らかに被曝健康被害が激増している事は明白であり、これを否定する合理的証拠を推進派の諸君には是非とも示して欲しいモノであります。

南相馬市立総合病院のデータは、明らかに人口減少による一時的な患者総数の激減も、2011年には避難を余儀無くされての事であり、2017年度までには人口減少下で在るにも拘らず患者総数が増え続けており、ほぼ震災前の数値に近づいているのであります。

何れに致しましても、原発推進派は、これらの数値を具体的に否定出来る合理的証拠(数値)等を示して、御質問者の挙げられた数値を否定すべきであります。

  • 質問者

    pat********さん

    2019/3/2118:59:35

    まさにおっしゃる通りですね。
    福島原発事故による健康被害は無いなどと
    嘘デタラメがまかり通っていますが、
    事故当時あれだけ膨大な放射性物質がまき散らかされ、
    現在も放出され続けている状況で健康被害が
    出ないわけがないですよね。

    それを隠蔽しようとしている原発賛成派は、
    まさに北朝鮮と同じ思想の持ち主と言えるでしょう。
    こうやって南相馬病院のデータのように
    真実が出てくることを望みます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/25 13:27:47

人的被害はゼロだと言う原発屋は鬼畜集団だと言わざるを得ませんね。

他の皆様もありがとうございましたナイスでご容赦ください。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cbg********さん

2019/3/2311:11:23

科学とか工学とかが常に正しかったことはないと思います。
それだけに頼るのも危険。
解法とか方法論とかが偏っていれば尚更。

状況判断とか直観とかも大事では。

第六感とか超能力が欲しいかな、持ってないけど。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

pay********さん

2019/3/2022:49:54

まともな反原発運動をしましょう。

ご自分の都合の良いデータ・解釈を押し付けても世論は動きませんよ。


「福島信夫山ネコの憂うつ」というブログを見れば、事故直後から、似非専門家、反原発派、「放射脳」の酷さが詳しく記録されていることが分かります。
即ち、今でもこのカテゴリーで嘘を言い続け、騒いでいる「放射脳」こそ、福島県民を傷付けているのです。

obu********さん

2019/3/2015:29:11

典型的な「放射脳」、と、言うより、科学、工学の素養などまったく無いのは勿論、物事の道理、論理も理解できないpat***様の質問なので、本来、スルーですが、下で、このpat***様に真面目に回答している人がいましたので、この質問の回答(これは、下でも正しい回答があるように、急増している事実はありません)ではなく、pat***様に回答することが無意味であることを示しておきます。

pat***様は、証明(立証)責任が、「ある」と主張する側にあることが理解できていません。

そして、「ある」ことを証明する方法も分かっていません。即ち、ある特殊な環境下にある一部のデータで「ある」と言っても「ある」ことの証明にならないことが分かっていないのです。

他の多くの客観的データとの比較(母数を増やす)も行い、データ間の矛盾の有無を確認し、有る場合にはその理由を示し、そしてその理由が正しいことの証明を行って、初めて「ある」ことになることがまったく理解できていないのです。そして「ある」ことを証明されない限り、実質的には「ない」ことになるという科学的常識も分かっていないのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zbb********さん

2019/3/2014:42:20

>ano********さん 2019/3/2012:56:27
こんにちは私も現状での原発再稼働や軽水炉の新設・再処理施設の稼働等には反対の者ですが、このような質問には賛同しかねます
質問のリンク先にある通り、当の南相馬市立総合病院自身が、市内(地域)の罹患率の増減を表すものではないことを明言しています
そのような資料を元に地域の罹患率が増加しているとの推定を試みるならば、事実を示す資料を別途質問者さんが提示しなければ駄目でしょう
南相馬市は桜井前市長を始め、この地域でも特に脱原発に熱心な自治体ですが、地元の資料をこのように恣意的に扱われたのでは、逆に反原発運動と距離を置こうと判断される恐れだって有るでしょう
繰り返しますが、原発反対の立場から見ても、この質問は支持出来ません
地元に迷惑を掛けずとも、原発を批判出来る論点は沢山有るのですから、この質問は取り消して、他の視点で質問された方が良いのでは有りませんか?

また、いつもの大丈夫だ大丈夫ださんも登場しましたね。

子どもたちもガンだらけなのですし、あの被曝だからしょうがないでしょ。

福島原発から40キロも離れた場所で、土壌の汚染も放射性ヨウ素だけでも2000万ベクレル/m2の鼻血だらけになる汚染だった。
野菜の汚染も放射性ヨウ素だけでも100万ベクレル超えの殺人汚染。


原発に少し近い場所での土壌汚染は数億ベクレル。



避難直後でさえ人の被曝がスクリーニング限度値の13000cpmを超えているが、除染も治療も出来ず、子どもたちもその大量被曝したまま避難所生活が続いた。
シャワーも無い避難所で、放射性物質漬けの避難者。

東京も高線量で、大使館の方々は直ぐに帰国。
関東の外国人は殆どいなくなった。

関東の方々の被曝でも厳しい被曝だ。

福島では殆どの人がスクリーニング限度値を遥かに超える被曝なため、スクリーニング限度値を10万cpmに緩めたが、それさえも超える厳しい被曝。

緩める前の13000cpmは、子どもたちの甲状腺被曝が100ミリシーベルトに達する被曝だ。

※13,000cpm:“40Bq/cm2は放射性ヨウ素による小児の甲状腺等価線量 100mSvに相当する被ばくをもたらすと想定される体表面汚染密度に換算
したもの“、”使用されたGM管式表面汚染サーバイメータで13,000cpmはこ
れに相当する”
<原子力安全員会 被ばく医療分科会資料(医分第31-4号) 「スクリーニングに関する提言(案)」 より抜粋>



チェルノブイリでの知見は、甲状腺被曝が数ミリシーベルトで甲状腺癌も多発なのだが、100ミリシーベルト超え。

10万cpmにまで緩めたが、それさえも超える大量被曝した方々が大勢いたのだ。
甲状腺等価線量も数百から1000ベクレルオーバー。

避難直後でこの被曝だが、本当の地獄はここからだった。

更に原発が爆発して吹き飛び、最悪な被曝が始まった。

その地獄被曝は3月15日ぐらいで収まってきたと報道されたが、そんなことはなかった。

そこから3月末までの放出量は、それまでの3倍だ。

沖縄に逃がしてもらえた子どもたちは、ラッキーだったが、その初期被曝だけで甲状腺癌も多発する被曝なのだから検査は絶対に必要なのだ。


自分は反原発だ反原発だと、いつも主張するナンチャッテ反原発のano。

脱原発のフリをするなら、脱原発をもっとどこかで叫び続けなければ誰も信用しないだろ。

ケチをつける時に自分は反原発なんだと主張する嘘つきがいるが、
その薄きたない心は、誰の目にも透けて見える。




■小児甲状腺がん少なくとも273人〜福島サポート事業で判明
投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 12/14/2018 - 05:59

原発事故後、福島県で実施されている小児甲状腺検査をめぐり、今年3月までに「甲状腺検査サポート事業」で医療費を受給した患者233人のうち、手術後に甲状腺がんではなかった5人を除くすべてが甲状腺がん患者であることがわかった。県議会の答弁で判明した。検討委員会のデータと合算すると273人となり、これまで公表されていた人数を大幅に上回ることとなる。



■環境省3県調査
甲状腺腫瘍等の保有率(A2判定)年齢別、性別
3~5歳
■長崎、男15,4%、女11,5%
■山梨、男77,8%、女62,5%
■青森、男23,1%、女44,0%

6~10歳
■長崎、男35,0%、女37,1%
■山梨、男66,3%、女69,7%
■青森、男63,2%、女64,7%


子どもたちの甲状腺癌も、福島だけで既に少なくとも273人だが、その273人という人数すら、ワイドショーでさえ報じることも禁止だ。

他県の子どもたちの大規模調査も国会映像を見ての通り、原発利権者の安倍が却下し、そのままだ。

私はそれを殺人だと思っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ano********さん

2019/3/2012:56:27

こんにちは
私も現状での原発再稼働や軽水炉の新設・再処理施設の稼働等には反対の者ですが、このような質問には賛同しかねます

質問のリンク先にある通り、当の南相馬市立総合病院自身が、市内(地域)の罹患率の増減を表すものではないことを明言しています

そのような資料を元に地域の罹患率が増加しているとの推定を試みるならば、事実を示す資料を別途質問者さんが提示しなければ駄目でしょう

南相馬市は桜井前市長を始め、この地域でも特に脱原発に熱心な自治体ですが、地元の資料をこのように恣意的に扱われたのでは、逆に反原発運動と距離を置こうと判断される恐れだって有るでしょう

繰り返しますが、原発反対の立場から見ても、この質問は支持出来ません

地元に迷惑を掛けずとも、原発を批判出来る論点は沢山有るのですから、この質問は取り消して、他の視点で質問された方が良いのでは有りませんか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる