ここから本文です

備後、豊後の読みには「ん」が入っていますが、肥後、羽後には入っていないのはな...

met********さん

2019/3/2000:57:41

備後、豊後の読みには「ん」が入っていますが、肥後、羽後には入っていないのはなぜですか。

閲覧数:
47
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nic********さん

2019/3/2023:15:46

「ん」を入れないのが普通です。

「ん」を入れて読む事を撥音添加と言います。
例えば、真中をまんなか、皆をみんな、余りをあんまり、といった読み方があるように、間に「ん」を入れることで拍が取りやすくなりスムーズに発音できます。こうした工夫によって、書き言葉を話し言葉として扱えるようになりました。

従って、備後(びんご)も豊後(ぶんご)も話し言葉としての読み方になります。

書き言葉としての備後と豊後は、源平盛衰記や神皇正統記などの書物には「びご」「ぶご」と読まれていましたが、現在では明治時代の言文一致運動を経て、書き言葉も(びんご)(ぶんご)で統一されています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/26 08:32:23

ありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる