ここから本文です

「ゆで卵は消化するのにエネルギーを使うから、 マイナスカロリーといって、太ら...

yos********さん

2019/3/2011:23:09

「ゆで卵は消化するのにエネルギーを使うから、
マイナスカロリーといって、太らずに痩せる」

といわれていて、
ゆで卵を食べるダイエットというのが一時期流行していました。

私はゆで卵が好きで朝に2個食べたりして、
結果体重も減ることがありました。

今日は昼食が14時になりそうなので、
空腹なので納豆を1つ食べているのですが、

納豆も同じタンパク質ですよね。
(植物性ではありますが)

ゆで卵と同じく、糖質は少ない、ゼロに近いのではないでしょうか?

タンパク質=消化に負担がかかる、というイメージもあるのですが、
ゆで卵のように(消化にエネルギーを消費する)と
いうことはないのでしょうか。

「納豆をおやつにする、またはおかずに加えると痩せる」
といわれているそうです。

「ダイエットしたい」という意味ではなく、
タンパク質について、知りたいです。

閲覧数:
258
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hy7********さん

2019/3/2012:35:59

3大栄養素の中で食べる事でしか補う事の出来ない必須栄養素は
・たんぱく質(必須アミノ酸:BCAAなど9つのアミノ酸)
・脂質(必須脂肪酸:オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸)
です。

理論上は炭水化物は生きていく上では必要不可欠ではないとの考えです。


1960年代にアーウィン・スティルマン医師が食品から摂るタンパク質の代謝にはエネルギーが必要との考え方を元に、高たんぱく質、低炭水化物、低脂質の高たんぱく質ダイエット(90%以上)を行い、自身は22kgの減量と1万人以上の肥満患者の治療に利用したと書籍にありました。

1997年にインスリン分泌指数が考案されました。
これは基準分量を食べた時にインスリンの分泌がどの程度されるのかを計測したものです。

インスリンは血糖値に反応して分泌量が増えるものですが、この数値を測定するとGI値とは全く違う結果が出ました。

GI値は炭水化物50g食べた時の血糖値の上がり具合を計測しブドウ糖の上がり具合と比較したものです。


精製された炭水化物はインスリンの分泌量を上昇させますが、たんぱく質でも同じぐらい上昇させる結果が出ました。

3大栄養素の中では脂質が一番インスリンの分泌量が少ない。


インスリンが分泌されると血糖値を下げ脂肪の分解は抑制され合成が促進されます。
血糖値を上げる複数のホルモンとインスリンとどちらが優位になるかで体脂肪の増加量が変わってくると考えられてきます。

ややこしいですが、カロリーが多いから太るのではなくて食事量が多くてインスリンが大量に分泌されるから太るのではないかと考えられています。

私が調べた事ですのでご自身でも調べてみて下さい。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2019/3/2012:58:15

納豆1パック45kg中の
タンパク質約6〜7g 脂質4.0g 炭水化物4.8gうち食物繊維約3g

卵1個50g
タンパク質6.2g 脂質5.2g 炭水化物0.2g


納豆は食物繊維が多いので痩せそうですね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる