ここから本文です

子ども(現中学生)に本(小説など)をいっぱい読んで欲しいのですが、子どもは全...

アバター

ID非公開さん

2019/3/2114:58:31

子ども(現中学生)に本(小説など)をいっぱい読んで欲しいのですが、子どもは全く読まない人なので、この本を読んでみなというようなことを言ってもあまり読もうとしてくれないと思うのです。自分自身、強制的に本

を読んでとは言いたくなく、子ども自身で積極的に読んで欲しいと思っています。どうしたらいいですか?

閲覧数:
71
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mim********さん

2019/3/2316:28:02

小さい頃から読み聞かせなど、身近に本のある生活をして来ましたか?
そうすると自然と興味を持つと思うのですが・・
中学生ならば、環境だけ提供して、(本屋さんや図書館に行く機会を増やすなど)後は本人に任せるしかないのでは?

  • mim********さん

    2019/3/2316:31:15

    映画好きのお子さんでしたら、原作を読んで見たら?と勧めてみるのもありだと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

Venderdecknさん

2019/3/2321:17:37

はっきり書きます。
本を読ませようとしないで下さい。
本嫌いになるだけです。
私は大人の押しつけが嫌で本を読まない子供でした。
19から半端なく、読むようになりました。
むしろ「本を読むな!!」とした方が反発して読みます。

squ********さん

2019/3/2316:00:27

お出かけの度に本屋にいく。
漫画でも雑誌でもいいので、読みたいというものはすべて買う、与える。
読み始めた漫画や連載は親としても意識的に新刊をチェックして、子供と情報を共有する。
子供が面白い!というものは一緒に読む。

hos********さん

2019/3/2314:42:04

私は本が好きですが、子供に限らず強制せれては読みたくありません。

まず、子供と一緒に近くの図書館に行きましょう。

そうすれば好きな本、(たとえコミックでも)を見たいと思う本があるかもしれません。

映画でも本でも嫌いなものを見せられたり、読まされたりするのは拷問です。

pal********さん

2019/3/2313:58:10

うーん.....世の中には確かに為になる小説もありますがどれも難解すぎて読書が好きでない中学生でわかるようなものは東野圭吾だとか有川浩くらいだと思います

私はそういう大衆小説をたくさん読んできました、それらはただ面白いから読んでいただけであって今考えてみても特別人生経験として読んでいて良かったと思うようなものはありません
精々知ってる単語や漢字が多少増えたくらいです
ゲームや漫画と変わりません

特に質問者様も読書が好きというわけではないらしいし何故読んで欲しいのでしょうか?

もし小説を読むことによって頭が良くなるとか教養が増えるなどと考えているなら普通に勉強させた方がいいです
受験の役に立たなくて好きでもない読書をするくらいなら勉強させてください
勉強は絶対役に立ちます

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/3/2115:28:44

「子供は親の背中を見て育つ」といわれています。家族が一緒になる部屋の中に少しでも良いので本を並べ、質問者さんがいつも子供がいる前で本を読み、食事やちょっとした会話の中に、さりげなく読んで欲しい小説ならばその話をすることで子供は本を読みたいということに影響されます。

質問者さんが子供に読んで欲しい小説をまずは読んでみて、「ママはあの本を読んで主人公の人の命を救うために、自分は犠牲になっても良いというところに感動した。」とか、「映画の様には何でもハッピィエンドで終わるだけが人生ではないが努力が必要だと勉強になった。」。「尾畠春夫さんのように79歳という年金生活の高齢者になっても、得た年金で全国各地へボランティアへ行くのが素晴らしい。何か少しでも真似してみようかな」などというような本を読んだ感想を話します。でも、決してその本を読むようにとは言わないでいましょう。

本を読まない子に本を読めと何度言ってもあまり効果がありません。それよりも、本を読んでいる姿をできるだけ子供に見せてください。

あと、本を読んだ感想などをブログに書いてみるのも良いでしょう。読む本は小説ばかりでなく、趣味の本や女性雑誌などの読んだ感想を数行の少しで良いので、本を読んだらすぐに書いておきます。

ブログはインターネット上で特に公開しなくても構わないので、読んだという記録を付けるだけでも意味があります。そのブログを子供にもそれとなく見えるように特にパスワードなどを掛けずにしておきます。パソコンでもスマホでも構いません。

また、料理や花を育てる、その他趣味などをブログに載せるのも良いでしょう。


つまり、本のある生活は毎日が充実して楽しい姿を子供に自然と見せることで、何かしらの刺激を与えて本を読んでみようかというようになるからです。

私は親からは本を読めとは一度も言われていませんでしたが、小学生の頃から学校の図書室で良く本を読んでいました。働くようになってからは、一時期は幅広いジャンルの蔵書が1000冊位ありましたが、引越しで大半を処分して100冊くらい手元に残っている程度です。その分、今は住んでいる地区の市立図書館から毎月数冊新刊を予約して借りて読んでいます。

いろいろと長くなりましたが、このような感じでいかがでしようか。何か参考になれば嬉しいです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる