ここから本文です

ワインエキスパートの試験を受けたいと考えてしまいます。各ブドウ品種のシノニム...

rvj********さん

2019/3/2117:55:53

ワインエキスパートの試験を受けたいと考えてしまいます。各ブドウ品種のシノニムは全て覚えておいた方がよいのでしょうか?

閲覧数:
20
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aor********さん

2019/3/2413:34:37

うーん。物事には段階があって

先ずはボルドーの格付け表を覚えて各々のテロワールと使用可能品種を覚えて
醸造上の特徴を覚えます。

次にブルゴーニュですね〜。

これが厄介で、ボルドーってシャトー毎に評価されるのですが、ブルゴーニュは
畑毎に評価されるんです。更にどの生産者の畑なのかも覚えなくては成りません。

此処で大抵の方は頭から煙出して脱落します。私もそうでした。爆



あなたがそこまで到達出来て居るのかは分かりませんが、更に複雑なイタリアの章で必ず覚える事になりますね。

一応格付けの難易度的にはボルドー、ブルゴーニュ、イタリア、ドイツ、オーストリア、スロヴェニアの順とされてます。

ドイツとイタリアそしてブルゴーニュは良く論争になりますね。

イタリア好きはドイツなんて甘いだけだろ!貴腐ワインはワインじゃ無いだろ!とケチを付け

ドイツ好きは、イタリアなんて、訳わからん土着品種が多すぎるんだよ!田舎者め!

田舎者の貴様らに世界三大貴腐ワインの最高位たるトロッケンベーレンアウスレーゼの良さは解るまい

と馬鹿にしあう宿敵同士です。


まあ、スロヴェニアの場合は言語自体が特殊なので厄介といったところです。

kavajと表記してどうしたらカバイと読むんだ ︎

という事です。笑

格付け自体はドイツに似てると思います。


有名な甘い程偉いというやつじゃなくて、エゴンミュラーが提唱した格付けの方です。

  • 質問者

    rvj********さん

    2019/3/2418:05:11

    ありがとうございます。頭から煙出しまくって頑張ります!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる