ここから本文です

豊臣秀吉がボケ始めたのは 小田原攻めが終わった後からですか? 1592年ごろ?

宇喜多秀家さん

2019/3/2122:59:47

豊臣秀吉がボケ始めたのは
小田原攻めが終わった後からですか?
1592年ごろ?

閲覧数:
72
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

img********さん

2019/3/2610:25:12

死去前1週間前後です

秀吉は自身の監修により書かせた「天正記」で、あまりに綺麗な英雄譚を作り上げた為に天下をとった後の他史料との落差が激しく「呆けた」と言われています

「呆けた」のではなく元々の気性などが、他史料から察せられるようになったからです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

han********さん

2019/3/2707:43:53

最後までボケてはいないですね
秀吉大嫌いなルイスフロイスでさえ晩年まで精力的で明確な判断力があったとさえ書いていますし

元から内政下手だったりプロパガンダ史料の天正記と記録と公家の日記に乖離があるからそう見えるだけです

ina********さん

2019/3/2123:10:43

豊臣秀吉の御伽衆である大村由己が書いた『天正記』は小田原征伐までです。
この天正記は秀吉をとことんまで持ち上げて書かれており、その後書かれた太閤記が天正記の影響を受けているとすれば小田原征伐を境に秀吉像が大きく変わるのも頷けます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる