ここから本文です

体格に劣る日本兵が日露戦争でロシア人に勝てたのって不思議じゃないですか?特に...

oka********さん

2019/3/2201:39:40

体格に劣る日本兵が日露戦争でロシア人に勝てたのって不思議じゃないですか?特に陸戦で、

補足ヒョードルなんかにすぐに日本人はやられるのに、

閲覧数:
72
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2019/3/2223:07:24

勝因は、ロシアの帝政が崩壊寸前で軍にまとまりが無く、同盟国イギリスがバルチック艦隊の補給の邪魔をしたため日本海につくころには疲弊、日本優勢のタイミングでアメリカが和平介入が直接原因でしょう。
日本兵ということで言えば、当時の日本の兵隊さんは、捕虜になることは恥、敵前逃亡も恥、そうなるくらいなら死んだ方がまし。的な思想でしたから味方がバタバタ倒れても向かってくる日本兵にロシア兵は脅威を感じたようです。しかも、超好戦的だったようで塹壕掘るより戦闘させろやだったらしいです。今の日本人からは想像もできませんね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pia********さん

2019/3/2222:37:53

203高地の戦いではロシア軍兵士は、いくら銃撃しても死体の上を突進して来る日本軍兵士に恐怖を感じ発狂寸前になり逃げだす兵士も出たそうです。

ohx********さん

2019/3/2222:25:42

戦争で体格はあまり関係ありません。小男の撃った銃弾でも大男は死ぬからです。ピョードルだろうがプーチンだろうが撃たれれば死にます。

urg********さん

2019/3/2221:54:48

女子高生に銃を持たせてしっかり訓練し、訓練未熟な男と戦わせれば女子高生のほうが勝ちますよ。
体格なんか関係ないのです。

kyc********さん

2019/3/2221:40:22

体格よりも作戦のうまさでしょう。

mam********さん

2019/3/2216:56:18

日本人は体格に比して、白人よ俐遙かに体力が有ったと、明治初期の白人が記録しています。
西洋の食事をしばらく取ると体力がガタ落ちしたとの事。

日露戦争当時は未だ、ロシア軍と互角程度でしたが、乃木希典陸軍大将指揮の203高地攻撃は日露戦後世界で評価されています。
実際203高地後の日本は、ノモンハン事件ではソ連軍を10倍以上の能力で圧倒していましたから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる