ここから本文です

塗装業者へ不信感があります。裁判にして訴えられるものなのか詳しい方が いらっ...

アバター

ID非公開さん

2019/3/2216:29:09

塗装業者へ不信感があります。裁判にして訴えられるものなのか詳しい方が
いらっしゃいましたらご教示お願いします。
築13年3階建ての壁が木造サイディングで屋根がスレート?らしいです。以

前から窓付近からの雨漏りが酷く知り合いに紹介された塗装業者に修理を依頼する事にしました。屋根と壁全体を塗り直しすれば雨漏りもなおるとの説明でしたので225万円と高額でしたが信用しました。
去年の11月に工事が終わり、雨漏りも大丈夫でしょう!とお墨付きをもらったので12月に内装を別業者に依頼し工事が終わりました。
ところが今年になり壁紙が浮いて剥がれている事に気付きまして内装屋さんに連絡したところ、雨漏りしているのでなおさないと何度直しても無駄なので外装屋さんに連絡した方が良いと言われビックリしました。その場所は以前カビだらけになっていた窓でしたのでなおってないの?と塗装業者に連絡し見に来てもらった所、風向きにより
多少の雨漏りが発生する事は仕方ないような言い方です。窓〔2階です〕の
外に脚立を立てて何やらコーキングを
増やしたので様子を見て下さいと帰りましたが雨が降ると剥がれた壁紙が薄っすらと濡れてカビも生えてきていて
全くなおっていませんので訴えてでも
工事代金の返還と内装代の弁償をしてもらい、少しでもお金を取り戻して
きちんとなおしたい。
色々調べていると知恵袋で塗装業者は
コーキング工事をしてはいけないような書き込みを沢山目にしました。同じ意味か判りませんが裁判でもシーリングはシーリング屋に任せなさいという判例もあるそうです。
この塗装業者はコーキングも塗装も同じ人達がしていたのを確認していますので訴えることが出来るのでしょうか

補足皆様、御回答頂き感謝致します。
契約書は交わしておらず、見積もり書のみでお願いしてしまいました。
まさかこんなトラブルになるなんてです。

閲覧数:
336
回答数:
10
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yc_********さん

2019/3/2709:37:59

業者にもよると思いますが、生産物賠償責任保険(PL保険)に加入していれば、内装代の費用は保険で賄えたはずです。(だと思います)

うちももしものためにその保険に加入していますが、工事損害保険とは違うため今まで一度も使用したことがないので威張っては言えませんが念のためそのような損害もカバーしていると記憶しています。

ただ直接雨漏りを治す防水や塗装の再修復費用の損害は別です。

元々の対象工事の欠陥が原因で、関連する物に損害があった場合、その関連したものだけに保険が適用されるというものです。

間違っているといけませんので一応調べてくださいね。

それと雨漏りは塗装工事をすれば治るというものでもなく、ひび割れや隙間など雨漏り原因が確実にはっきりしているものは塗装業者が部分補修することはありますが、原因が定かでない場合は本来大工さんや板金屋さんが調査して直すものです。

契約前に雨漏りが治るということを塗装業者が言ったならば、塗装業者が板金屋を入れるなどして修復すべきものだったと思います。

さらに今回のケースについては、特にシールの部分についてはシール屋に任すべき事項の工事のようだった気が強くします。

雨漏りしている家に対して「必ず治る」ということを伝えるのは業者にとってとても勇気のいることですが、どうしても契約先行を意識してしまうあまりできると確証がないものでもできると言ってしまうのです。

ようするに「言ったもん勝ち」の世界です。

工事代金の返還はこれも業者によると思いますが、誠意が感じられなかったのでこのような事態まで発展してしまった経緯もあると思いますからそのような業者への代金返還はとてもエネルギーを消費するでしょう。

まずは雨漏りを完全に治すまでという限度にして、再度工事してもらうか、または別な業者に雨漏り修理と内装工事を依頼して、その費用を負担してもらうかのどっちかが良いかと思いました。

シール業者と塗装業者は明らかに業種違いですし、一部の補修程度は塗装業者でもできますが、家全体のシールという話の場合はシール業者に入ってもらうべきです。

ただそれが裁判の有利な言い分になるかは微妙です。

クオリティの違いといえど、塗装の職人がやってはいけないという規定などないからです。

契約時にそれぞれ別な業者が施工するという約款などがあれば別だと思いますが、そもそも外壁塗装業界には、施工の品質について行政や国が制定する規則や罰則というものがありません。

ただコスト的にシール職人がシール施工した場合と、塗装の職人が施工をした場合では塗装の職人がシール施工したほうが、業者にとってすれば断然に安く上がるので、"完全に雨漏り修復をする"という施工業者が果たすべき義務としては、業者には分が悪いと思われます。

最後に弁護士の相談先としては、リフォーム紛争処理支援センターという機関もあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ocy********さん

2019/3/2902:37:31

塗装で雨漏り直るというのは詐欺です。
大工工事が必要かと思います。
コーキングなど屋根では何の役にもたちません。
(´・ω・`)

プロフィール画像

カテゴリマスター

lap********さん

2019/3/2710:37:38

塗装で雨漏りは治せません。

何処から雨漏りしているか
場所を特定するのは
結構難しいみたいです。

雨のすぐ後に見てもらうと
侵入経路がわかりやすいですよ。

築年数が経ってくると
防水シートの劣化の場合が多いですが、
防水シートの寿命は、
20年くらいなので、
ちょっと早いなと思います。

最初の屋根の施工に
問題があった可能性が
高いと思います。

早くなおるといいですね。

nic********さん

2019/3/2323:30:06

できる
まずは証拠の撮影から

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bvb********さん

2019/3/2314:34:05

三階建の二階で雨漏りしてるんですか

三階には雨漏りの兆候はないのですか?
裁判云々の事は分かりかねますが、
皆さん仰るように塗装屋さんがコーキングしても罪には問えませんね。
しかし内壁を壊して漏水箇所の確認をしているのに直らないってプロとは言えない失態ですね、、
最初の回答者さんの通りで、コーキングやサイディングの表面を直しても雨漏りは直らないのです。なぜならコーキングやサイディングが割れようが
直ぐに雨漏りにはならないからです
。それが雨漏りしているという事は屋根や壁の防水システムが崩壊している
からです、それを直さないといつまでも直りません。逆に言えば雨漏りは確実に直せるのです。ヤフーメールをくれて詳しく写真などを見せてくれれば
直し方をお教えしますので肩を落とさないで下さい。気が向いたらで結構ですので必要なければ返信も大丈夫ですので^ ^

それと、他の回答者さん達に一言。
塗装屋だからといって一概に直せないとは限りませんので。。
塗装屋に直せる訳ないとか決めつけた回答を見るたびに腹が立ちます。
社名が●●塗装となっていても雨漏りに詳しく腕の良いところだってあるし
、ましてコーキングなんかは一連托生の仕事なので塗装屋でも出来て当然なんですよ。塗装屋がやったからダメだなんて決めつけるのは早計かと思いますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kar********さん

2019/3/2221:09:48

塗装屋さんに雨漏りとか直せるはず無いじゃないですか、

雨漏りは、専門屋でも場所の特定は難しい。
コーキングの打ち直しとか、
家周りの塗装程度で直る雨漏りもあるかもしれませんが・・・

そうでない場所から雨水が侵入していることのほうが多いんですね。



契約書を交わしていないのであれば
施工内容の要約が分からないので、もし裁判とかなったとしても勝ち目は無いと考えたほうがいい、消費l者センターに相談したとしても同じことです。


訴えることは可能ですが、
勝ち目のない訴訟をして弁護士たのんで、多くの時間を使うのを考えれば、しないほうがいいかもしれませんね、弁護士料金が置い金になるだけです。(>_<)

ちゃんと契約書さえ交わしとけば勝てたかもしれないのにね、
残念ですが、泣き寝入りするしかなさそうですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる