ここから本文です

南九州の415系は交直スイッチを交流側に固定しているとのことですが、そうであれば...

アバター

ID非公開さん

2019/3/2509:03:29

南九州の415系は交直スイッチを交流側に固定しているとのことですが、そうであれば直流変換装置を外して717系や713系に改造した方が全検などメンテナンスが楽で、改造費も元がとれると思います


どうして交直両用のまま走っているのでしょうか?

閲覧数:
81
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kih********さん

2019/3/2510:28:40

415系は車内で交流を直流に変換(整流)しています。直流区間はこの交流を直流にする回路を交直スイッチでパスすることになります。したがって、交流区間はそのままなので改造する要素がないのです。JR西日本のように、交直流型電車が交流区間を走ることがなくなったので、交流回路を取り除いて直流型電車に改造した例はあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kuz********さん

2019/3/2509:14:22

メンテナンスする前に、全検前に廃車でしょ?
せいぜい誤操作防止くらいにしか考えていませんよ。

こんな程度のコスト差計算を上場会社がしないとでも?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる