ここから本文です

交通事故被害者です。

her********さん

2019/3/2511:42:18

交通事故被害者です。

先日後遺障害14級が認定されて、示談交渉時相手保険会社に後遺障害で認定されているしもう少し何とかならないかと相談したところ、「14級ですよね、確たる医学的な根拠のない等級なのでご相談には応じかねます」と突っぱねられました。
弁護士特約はありません。とりあえず相談だけ近くの弁護士事務所に行ってみましたが、そこでも「14級では大幅な増額は望めません。あなたの生活を一変させるような等級ではないので」と言われました。
確かに仕事も普通にできていますし生活に不便もありませんが、14級というのはそんなに鼻で笑われるような等級なのでしょうか?れっきとした後遺症が残る重症だと思うのですが。

閲覧数:
581
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鬼沢健士さんの画像

専門家

鬼沢健士さん

2019/3/2511:54:09

弁護士です。

大幅な増額というものをどのくらいのものを指しているかわかりませんが、14級9号でも100万~200万程度上がることが多いです。
特約がなく、少しの過失があっても十分にメリットがあります。

後遺障害が残る交通事故自体が限られているので、私は14級9号だとしても重大だと思います。

等級自体を覆すのは一般的には困難です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

鬼沢健士さんの画像

鬼沢健士

弁護士

親身、ていねいをモットーに、わかりやすい説明を心がけています

交通事故案件(被害者側)、労働案件、少年事件をメインに取り扱っています。 交通事故案件は、被害者側専門、完全成功報酬制が基本です。メール相談可。連絡先明記の上、保険会社提示書面をメールかFAXするだけで返答いたします。 知恵袋経由の方は、1割...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

「後遺障害認定」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

krs********さん

2019/4/108:32:49

そんなもんです

udn********さん

2019/3/2621:46:41

弁護士事務所も、「ご相談は、12級からお受けします」と、14級は門前払いの所も多いですね。
悲しい事ですが、弁護士も商売ですから。

ter********さん

2019/3/2609:45:55

>確たる医学的な根拠のない等級なので
ごもっともです。

oas********さん

2019/3/2522:06:15

弁護士で14級認定を鼻で笑う方がいるとしたら弁護士としては失格でしょうね。

そんなのに委任しなかっただけ良しとしましょう。自賠法の制定は昭和初期のころでこれが全く変わっていない。基準がね。時効など多少のところは変わっていますがかつては12級13号認定だった傷病も14級どまりとしているところもあります。逆に言えば医学が進歩したから判断がしやすくなったともとらえられるわけですが・・・

男女平等なんて言っていますが男子と女子の認定度合い顔の醜状痕などにも今だ違いがあります。これを変えようとはしていないようです。男性でもモデルなどをしていれば傷の重要度は変わってきますし、この辺は裁判で訴え出るほかないのが実情です。

こういった成り行きを知っている専門弁護士であれば14級程度と鼻で笑う弁護士がもしいるとすれば交通事故に関しては専門性がないと自ら白状しているようなものです。かかわらなかっただけ良しとしましょう。委任しても保険会社にこびへつらう示談をするかもしれません。


>「14級ですよね、確たる医学的な根拠のない等級なのでご相談には応じかねます」と突っぱねられました。

相手保険会社は会社の利益、加害者側?の利益を考えて交渉するだけですので期待するだけ無駄です。甘い言葉で今回に関してはこちらとしても賠償額をいつも以上に・・・と言って弁護士が見たら弁護士が妥当とする額の半分にも満たなかったなんてこともよくある話です。

等級認定に不満があるのであれば相手保険会社に交渉しても無意味な話です。

>確かに仕事も普通にできていますし生活に不便もありませんが

個人的意見ですが14級認定で仕事に支障がないのであれば問題ないのではないかなとも思います。当方は支障があったので・・・認定されなくても不便を強いられている方はいます。その辺だけはついているほうだと認識されたほうがいいでしょう。ひょっとしたら弁護士もその辺で認定されたのは運がいい方だと考えていたのかもしれません。

認定基準は14級9号は非公表としており質問者様より重度の方でも非該当になる可能性は十分にあります。

認定されたんだから(生活には影響はないけど)という態度で相手保険会社と交渉しているようであれば相手保険会社も膠着した態度をとる可能性はあります。

私は認定されたか否かではなく質問者様が認定後、症状固定後にも生活に不便を強いられていない状況であれば賠償金のしかるべき額を受けることはともかくとして、これくらいで済んで運がよかったと考えたほうがよいのではと思います。

繰り返し記載しますが14級非該当でも仕事に支障をきたしている方はいますし認定されても退職せざるを得なかったかた、復職もままならない方が何人もいるということは把握したほうがいいかもしれません。


当方も激しい肉体労働はおそらくできないと思います。激しいスポーツや長距離の徒歩などをすると痛めた部分が一週間くらい痛みます(ぶり返す症状が出ます)事故から五年くらいたちますがそんな状況です。それでも14級9号でした。

jgq********さん

2019/3/2519:09:28

弁護士特約無いとのことなので、ぜひ 交通事故紛争処理センターを利用ください。1~2回出向く必要がありますが、無料でセンターの弁護士が和解案を出してくれます。私は以前 2回 後遺障害認定を受けました。2回目の時 紛争処理センターを利用しましたが、保険会社提示125万→280万で締結しました。それなりに 増額できると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる