ここから本文です

中国って沖縄を狙ってるんですか?

yew********さん

2019/3/2519:26:14

中国って沖縄を狙ってるんですか?

閲覧数:
63
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rom********さん

2019/3/2520:39:20

中国国内の反日デモで「沖縄は中国のもの」という主旨のプラカードもあったという新聞配信記事を見たことがあって、びっくりして、何でと思って沖縄の歴史を検索していくつか文献を読んだところ、こういう歴史だと本来は中国の領土という考え方もあるだろうという感想です。
またこういうサイトもあります。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/中国人による沖縄県への認識

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

k90********さん

2019/3/2713:28:17

中国は広大な領土を領有してますが、大部分が土地も空気も地下水も汚染されてて、
しかも砂漠化も広く進んでいて、
健康に生活できる土地は3割にも満たないという話です。
だから綺麗な空気で綺麗な土地の沖縄がどうしてもほしい!!というのは
そういうことですね。
将来、沖縄が中国のものになったら、おそらく沖縄人たちは全て追い出されて、
中国の内陸部に強制移住させられるでしょう。
その空いた土地には中国大陸から、中国人たちが多数やってきて、
自分たちだけの土地にすると思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hif********さん

2019/3/2615:09:51

沖縄が中国の領土になれば東シナ海の資源は独占できるし、太平洋に抜ける航路や空路が自由になります。
狙いは定まっています。

inz********さん

2019/3/2520:08:00

●離島防衛で滑走路復旧部隊新設を検討、防衛省
2019.3.24 20:26
https://www.sankei.com/life/news/190324/lif1903240042-n1.html
防衛省が、中国による南西方面の離島への侵攻に備え、民間航空機が運航している離島の空港の滑走路を復旧する部隊の新設を検討していることが24日、分かった。
沖縄県の宮古島(宮古島市)や石垣島(石垣市)などの空港が対象。
武力攻撃への自衛隊の対処と住民避難で空港の機能は不可欠だが、敵の攻撃により滑走路が破壊されれば、平時に管理している県では復旧できないと判断した。
離島防衛をめぐっては、陸上自衛隊が26日、宮古島市と鹿児島県の奄美大島にある奄美市と瀬戸内町に新たな駐屯地などを開設し、有事で初動対処にあたる警備部隊と地対艦・地対空ミサイルを配置する。
南西方面で陸自の実戦部隊配備は初で、石垣市にも同じ構成の配備を計画している。
中国との有事で懸念される尖閣諸島(石垣市)侵攻を想定すると、宮古・石垣両島にも同時に侵攻する恐れが強い。
中国は尖閣と宮古・石垣両島をひとつの戦域と捉えているためで、両島に陸自を配備する大きな理由となっている。
中国軍が戦闘機やミサイルの攻撃で宮古・石垣両島の空港の滑走路を破壊する危険性も高い。
武力攻撃事態では特定公共施設利用法に基づき、平時は民間機のみが運航している空港も自衛隊と米軍が活用できるが、滑走路を使えなくすれば自衛隊の増援部隊と装備・物資を送り込む拠点を失わせ、戦力を低下させられるからだ。
航空機による住民避難もできなくなる。
宮古・石垣両島の空港は沖縄県が管理しており、滑走路の損傷は、民間業者に修復を委託している。
ただ、敵の攻撃で滑走路が破壊される事態の復旧工事を民間業者に任せることは不可能で、沖縄県の担当者は有事の滑走路復旧は
「想定していない」
と語った。
航空自衛隊は北海道の千歳から沖縄県の那覇まで戦闘機を配備している基地を中心とした9カ所に滑走路の防護と復旧を担う航空施設隊を置いている。
攻撃で滑走路が被害を受ける事態を想定し、散乱した滑走路のコンクリートを重機で集め爆破された穴をふさぎ、アルミ合金などでできたマットを敷き、数時間で離着陸できるようにする応急復旧訓練を行っている。
この空自航空施設隊を宮古・石垣両島に機動展開させる案もあったが、事態によっては展開できないことが予想され、即応性重視で陸自の施設科隊員を駐屯地に追加で配置し、滑走路復旧を担わせる案が有力だ。

●米軍、自衛隊狙う!?沖縄でテロ連発 米軍キャンプでボンベ爆発、放火未遂では「活動家」の男逮捕
2019.3.25
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190325/soc1903250014-n1.html?utm_...
沖縄で、在日米軍や自衛隊へのテロとみられる事件が続発している。
24日に在日米軍キャンプに何者かが侵入し、カセットボンベが爆発する事件が発生した。
昨年12月に自衛隊施設への放火未遂事件、今年1月に海上保安庁のボートに放火した事件があり、男性が逮捕された。
米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設への反対運動などの一部に、過激集団が入り込んでいる危険性もある。
24日午後6時ごろ、沖縄県の米軍キャンプ瑞慶覧(ずけらん、宜野湾市など)にある防衛省沖縄防衛局の事務所で、カセットボンベが爆発した。
県警によると、けが人は確認されていない。
沖縄防衛局によると、事務所北側にあるフェンスが壊されていた。
米憲兵隊や県警は何者かが外部から侵入し、カセットボンベを爆発させたとみて調べている。
キャンプ瑞慶覧には、在沖米海兵隊基地司令部なども置かれている。
犯人の素性・目的は不明だが、捜査当局は、沖縄の基地反対運動との関係も視野に入れている。
反対運動の多くは平和的に行われているものの、一部に過激派の存在が指摘されているのだ。
公安調査庁が昨年12月公表した
「内外情勢の回顧と展望」
には、
《過激派は、活動家が反対派とともに米軍キャンプ・シュワブのゲート前に座り込んだり、海上において、移設予定地周辺に設置された立入禁止水域内に侵入したりするなどの妨害行動を繰り返した》
と記されている。
昨年12月22日には、那覇市の自衛隊沖縄地方協力本部を発炎筒で燃やそうとした事件が起き、1月16日には名護市の漁港に係留中の海保のボートに点火した発煙筒を投げ込む事件があった。
両事件では、大阪府の職業不詳、69歳の男性が逮捕された。
共同通信は
「活動家とみられる」
と報じている。
現時点で人命に関わる被害はないが、「放火」「爆発」という重大な犯罪が続いており、警戒が必要だ。

●放火未遂で69歳男を逮捕 那覇の自衛隊施設 辺野古でも摘発
2019.3.18 19:00
https://www.sankei.com/affairs/news/190318/afr1903180025-n1.html
沖縄県警名護署は18日、火を付けた発炎筒などを使って那覇市の自衛隊施設を燃やそうとしたとして、現住建造物等放火未遂の疑いで、大阪府東大阪市荒本、職業不詳の今中元広容疑者(69)を再逮捕した。
名護署によると「黙秘します」と供述しているという。
今中容疑者は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動の警戒に使われる海上保安庁のゴムボートを壊した疑いで1月に現行犯逮捕され、器物損壊罪で2月に起訴されている。
再逮捕容疑は昨年12月22日午前3時半ごろ、那覇市前島の自衛隊沖縄地方協力本部1階の窓を割り、室内に混合燃料入りの缶と点火した発炎筒を差し入れ、建物を燃やそうとしたとしている。
火は職員によって消し止められ、簡易ベッドなどが一部焼けた。
けが人はなかった。

●辺野古警備艇損壊罪で起訴 那覇地検
2019/2/7 八重山日報
米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に対する抗議活動の警戒に使われる海上保安庁のゴムボートを壊したとして、那覇地検は6日、器物損壊罪で職業不詳、今中元広容疑者(69)を起訴した。
捜査関係者によると、今中被告は中核派の活動家とみられる。
地検は認否を明らかにしていない。
起訴状によると、今中被告は1月16日午前4時40分ごろ、名護市の漁港に係留中のボート2艇に点火した発煙筒を投げ込んで床を溶かしたとしている。
現場で張り込んでいた沖縄県警に、建造物等以外放火の疑いで現行犯逮捕された。

w9y********さん

2019/3/2519:50:27

日本軍は残忍なので手を出せません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる