ここから本文です

掛け軸です。 意味を教えて下さい。

アバター

ID非公開さん

2019/3/2623:39:03

掛け軸です。

意味を教えて下さい。

掛け軸,おおたなんぽ,狂歌,よさぶそん,さんじん,極楽往生,意味

閲覧数:
28
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

osa********さん

2019/3/2710:05:28

読みについてはすでにご回答があったようですが

「往生は願いはせねど 是非無くば 八十八を過ぐしての後(のち)」
(今は極楽往生を願ったりはしない、でも死ぬのを避けることができないなら、88歳を過ぎてから願うことにしよう(88歳までは死なないぞ))

「冥途より今にも使い来たりなば 九十九までは留守と応(こた)えよ」
(もしも今、あの世からお迎えの使者が来たならば、99歳まで留守だと言って追い返せ)

「留守と言わば 必ず使い来たるべし いっそ嫌(いや)じゃと言い切ってやれ」
(留守だと言えば、使者は日を改めてまたやって来るだろうから、いっそ「(死ぬのは)イヤだ!」と言い切ってしまえ)

江戸時代中~後期の狂歌師、太田南畝(おおたなんぽ、蜀山人(しょくさんじん)、1749~1823)作の狂歌だと伝わりますが、はっきりはしていないようです。
https://ja.wikiquote.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E5%8D%97%E7%95%9D

しかし、ご質問の軸では作者名が「蕪村」と書いてあります。江戸時代中期の俳人、与謝蕪村(よさぶそん、1716~1784)のことです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8E%E8%AC%9D%E8%95%AA%E6%9D%91

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/29 02:03:00

ありがとうございます(^-^)
とっても助かりました♪

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる