ここから本文です

戦闘機には負けるが、安価で、戦闘ヘリや無人攻撃機の撃墜は難なくこなせて、対地...

the********さん

2019/3/2721:14:18

戦闘機には負けるが、安価で、戦闘ヘリや無人攻撃機の撃墜は難なくこなせて、対地攻撃ができる兵器ってないのでしょうか?

閲覧数:
145
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2019/3/2808:30:08

ありません。

現状、無人機はともかく。


https://mobile.twitter.com/mcipacpao/status/455832547935539202

攻撃ヘリコプターは自衛用に対空ミサイルを装備出来ます。
ユーロコプター ティーガーもHAPはミストラルミサイルを装備出来ます。

攻撃ヘリコプターではないですが、自衛隊のOH-1は航空優勢が敵側にあるような所で強行偵察をする可能性もあり、91式携帯地対空誘導弾の空対空バージョンを装備出来ます。

つまり、サイドワインダー(最新モデルは高性能ですよ)や携行型対空ミサイルに撃墜される可能性のある航空機では、「難なく」ヘリコプターの撃墜は出来ません。

ちなみにSu-25はアフガンゲリラにスティンガーミサイルが供与された時点で損害を増やし、とりあえずエンジンの間にチタンの防弾板を入れて左右まとめて破壊される事態は防ぎ、撃たれても基地に帰ることは出来るようにしました。
(が、片発で戦闘する訳にいかないから、無力化されたのも同じです。)
なお、クリミア危機ではロシアの地対空ミサイルに撃墜されまくったそうで。
相手が有効な地対空ミサイルを持っていると使い物にならないと言うのは80年代にアメリカが予想した通りの結果になっています。
厳密にはアメリカが予想したのは、自国のA-10が使い物にならないと言うことです。

ちなみにスティンガーミサイルはセンサーの冷却の仕組みの都合で寿命があり、アメリカがアフガンゲリラに供与した分はとっくの昔に使用不可になっています。
だからまあ、アメリカがアフガニスタンに展開した時にはスティンガーミサイルは無く、だからA-10が活躍出来た訳です。
現在のタリバン云々の対空兵装では、A-10すらもったいないレベルですし(A-10を引っ込めてF-35に転換する都合もあり)プロペラ機でとっくに除籍されていたOV-10を試験的に引っ張り出したくらいです。

対地攻撃に使える使えない云々は相手がどの程度の力を持つかで変化します。
その点もご注意ください。


ヘリコプターについては、相手が機関銃、せいぜいロケット弾か有線誘導ミサイルしか持ってない場合に、戦闘機に勝てない兵器でも難なく撃墜出来るかと思いますが。
(アフガニスタンで対戦車攻撃にあたったイギリス海軍のリンクスヘリコプターが実はこれで、先進国でもお金が無いとこうした武装のヘリコプターを使っていることはあり得る話です。)

ところが相手が先進国で、かつ、敵地(または自国の防衛)で航空優勢が敵側にある時に任務を強行する可能性があるタイプのヘリコプターの場合、自衛用に対空ミサイルを装備するから、弱い航空機では逆襲される可能性があります。

そうなると、ヘリコプターの撃墜も対地攻撃は高度な戦闘機の任務となり、「戦闘機にも勝てる」となります。

質問した人からのコメント

2019/4/3 07:16:48

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

su0********さん

2019/4/117:33:36

そのための無人機

b_f********さん

2019/3/3015:29:20

それが無人戦闘機ってことでしょう。
無人なのですから数を揃えれば押し切れるってだけのことで。

prs********さん

2019/3/2921:05:41

そういう兵器って、役に立たないのね。近代的な軍隊相手だと。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ipp********さん

2019/3/2820:37:12

攻撃ヘリコプターはたとえ携行SAMや戦闘機と同じAAMを積む機体でも本格的な対空用のレーダーがありません。他の人が挙げているティーガーHAPやOH-1なんてレーダー自体が無いですからね。光学センサーのそれも全周旋回出来ないタイプで敵戦闘機にAAMを撃たれる前に気付いて反撃というのは難しいでしょう。ロングボウアパッチのローターマストの上に付いているAN/APG-78レーダーは一応対空警戒も出来ますが、ミリ波を使うため探知距離は短くメーカー公式の数字で8kmです。短距離用の赤外線AAMでも射程はもっと長いのが普通ですから、こちらも敵機の接近に気付けないうちにミサイルを撃たれたら終わりです。攻撃ヘリの対空能力はあくまで敵の攻撃ヘリ程度を想定したもので、戦闘機の相手が出来るわけじゃないんです。ジェット練習機ベースの軽攻撃機のような機体でもレーダーと火器管制装置と赤外線AAMを積めば勝てるでしょうね。地上スレスレでビルや森林などを盾にされると当てにくいかもしれませんが、それは攻撃ヘリに限った話ではなくヘリ全般の特性です。

ただそれはそれとして軽攻撃機レベルの機体でも本格的なレーダーや火器管制装置を積めばコストは跳ね上がりますし、パイロットの育成コストはたぶん戦闘機と大差ないのであんまり安上がりな存在にはならないと思います。敵戦闘機が出てこない場所で攻撃ヘリや無人機の相手だけすればいいなんていう都合の良い戦場がそうそうあるとも限りません。下手をすると単に無駄金を使っただけになるでしょう。

aki********さん

2019/3/2722:31:04

まさにCOIN機がそれです。OV-10、スーパーツカノ、スコーピオンとか、農業機改造の機体とかもあります。
ただ無人攻撃機(というか固定翼機)の撃墜は安価な飛行機ではなかなか難しいのではないでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる