ここから本文です

砂の器 フジテレビのリメイク版ですが、全てに無理があり 原作や最初の映画化から...

アバター

ID非公開さん

2019/3/2822:03:21

砂の器
フジテレビのリメイク版ですが、全てに無理があり
原作や最初の映画化からすると、メチャクチャ
ではありませんか?
配役だけ揃えても、宿命をテーマには稚拙すぎる
そう思うのですが?

補足らい病患者で差別された父と子
それ故の親子の絆の深さ、三木への感謝の念と現在の葛藤
原作の三木は唯の郷愁感で訪ねたはず
和賀の邪推や誤解
最後の父子の放浪の画像
原作やオリジナル映画には全てがあった
そもそも、らい病の故を変えたところの無理
三木が悪者、ではなかったはず
ニューヨーク?今時30そこそこの男の過去が隠されるわけもなく、まして娘を嫁にやる大臣が調べない?^_^
叶姉妹じゃないのだから、和賀に気付く友人が全くいない?^_^^_^
郷愁感、葛藤、人間の欲や誤解など、主題が全く死んでしまって
松本清張に失礼だし、西村京太郎の連発サスペンスとなんら変わらない駄作中の駄作だと
連続幼女、、兄は変態だったって事かな?
お笑い番組並みです!

閲覧数:
1,669
回答数:
14
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

run********さん

2019/3/2916:42:59

長文につきご容赦ください。

この時期になぜ?

しかも原作を超えた映画と
原作者の松本清張先生が認めた
名作「砂の器」をドラマに
したのは驚きでした。

まず、ハンセン氏病を取り上げる
のは、清張先生のご遺族の意向で
NG。

すると、戸籍詐称と殺人の動機づけ
をどうするか?ということになる。

今回のドラマに関しては、凄惨な事件を
起こした長男を兄にもつ主人公とその
父親がメインで、ある意味加害者の家族
が受ける不当な仕打ちと主人公のいわゆる
絶望的な人生にスポットをあてている。

が、この脚本は酷い。

全く別物の内容に映画の主要な部分を
ちょこちょこ取り入れたために、
時代設定がちぐはぐになった。

親子が巡礼の旅に出るきっかけが父親。
息子を守るためとはいえ、後先考えずに
人を殺し、そのまま息子とともに逃げる
人としてあってはならない事を父親が
しでかしたこと。

まず、ありえない。

平成の時代にあって、あのような装束で
逃げおおせるわけもないし、辿り着いた
亀嵩もあのような昭和感はない。

亀嵩で三木に助けられ自首をすすめられ
た親と離れることを秀夫は充分理解でき
たはずだと思う。
実際、父親が人を殺すところを見ているし。

三木が無理に親子を引き離したわけでも
ない。三木はきちんと秀夫に説明したはず。

このような状況で、平成の時代に
戸籍詐称や恩人を殺害する
ほどの業を抱えているわけではない。

すべてに於いて説得力がなく薄っぺらい。

登場人物の性格や生きざまを掘り下げて
おらず、すべての登場人物に共感できない。

映画は、2時間23分で描ききっている。
ドラマの尺がたりないとはいわせない。

時代背景、いわれなき差別と偏見のなかで
生きていくしかなかった親子がその絆を
他人からバッサリ容赦なくきられた魂の
物語が砂の器であり宿命でもある。
砂の器はハンセン氏病抜きでは語れない。

今回のドラマは、ピアノが弾ける中島健人と
土屋太鳳ありきで進められた感が強く脚本に
深みがなく、感情に訴えるものもなく、
本当に酷いドラマでした。残念。

ご参考までに。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/3/2917:17:53

    よくこれでスポンサーがついたな、と。
    金の無駄遣いでそれを消費者に添加されちゃ困るのです!
    ハンセン病を揶揄するのでなく、そんな時代もあり得た、あった事だろうという前提条件が全ての起なのだから、それを端折って安直極まりない設定に。
    プロデューサー、ディレクターの質の低下が言われる昨今、採用もしっかりしないと。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/2 10:04:22

偏見、差別からなった犯罪、。
殺人の理由は安直だし、兄が幼女何人殺人?(^。^)
変態少年にしてしまった、お笑い^_^

「砂の器」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oba********さん

2019/3/3100:22:58

ハンセン氏病のことだけが、問題ではないんではないと思います。現に中居さんのされた砂の器は映画版とはおなじく感動しました。ただ千代吉さんの役は加藤嘉さんが素晴らしかったです。原田芳雄さんも熱演されてましたが。平成最後の砂の器残念でしたね。色々なものは進化していても感動は希薄になっているんかな。作り手の情熱は全く感じられませんでしたね。俳優さんたちが逆にかわいそう。だからハンセン氏病うんぬんは関係ないとおもいます。作り手演出がはっきりいって情熱を感じないということでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nyw********さん

2019/3/3016:06:20

あなた、西村京太郎先生を愚弄するつもりですか。小説は最近すさまじいし、思わず金返せと思いたくなるくらいに犯人逮捕まで至っていないのもあるし、どう読んでも現地取材まったくしてねぇなと思わせる描写だし、文章もうまいとも思えないし、まさにドラマも含めてトラブルミステリーだ。(って俺が一番けなしてる・・・w)
失礼・・・一応大臣も調べたのでしょう。警察も当初は和賀英良をアメリカ帰りのピアニストと信じています。家の中を調べることで和賀英良のパスポート写真と本浦秀夫の学生証(生徒手帳か・・・)を見つけることで別人と判断できたのではと推測します。学校あまり行っていなかったとかいいませんでしたっけ。それだと調べてもそういう人物がいたという情報しかない。戸籍自体をねつ造したわけではないから情報を丸のみしてしまったのでしょう。大臣はあの男何か隠していると予想はしていたようですがあそこまでの過去は想像していなかったのでしょう。
個人的にはもう少し年齢を足し阪神淡路大震災で戸籍をねつ造したと思わせた方がやや自然かも(レミゼラブルのパクリだな)
ハンセン病は話によると松本清張サイドの意向で使えないようですよ。なのでいくら現代にしようが過去にしようが多分2度とつかえないのです。映画もそこのところテロップで処理されています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ech********さん

2019/3/3001:33:53

ドラマや映画の三割強は「サウンドトラック」で出来映えが決まると昔から言われています
さて今回のリメイク版はどうでしょう……
私的結論から申せば「話にならない幼稚な楽曲群」で
哀れみを通り越し殺意さへ覚えてしまいました
(主題曲ではないですよ)

出だしから「火曜サスペンス劇場」並みの安っぽい楽曲
思わず嫁と「見るの止めようか?」と……
カメラワーク、カット割り、エキストラの安っぽい配置
キャスティングも重厚感無し……
全てが「火曜サスペンス劇場」レベルのクオリティ

海外ドラマにシフトチェンジする視聴者が増殖している昨今、私的に再確認した事は
「日本テレビ業界に未来無し」です

ドラマや映画の三割強は「サウンドトラック」で出来映えが決まると昔から言われています...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lup********さん

2019/3/2910:41:47

ぼくの感ですが、

ジャニーズに忖度した製作サイドが

中島健人のピアノの腕を活かすハナシを探したら

たまたま「砂の器」だったんじゃないかな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

usa********さん

2019/3/2910:28:55

三時間に詰め込むには無理がありましたね
感動はしなかった

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる