ここから本文です

東山紀之と中島健人の砂の器はどうでしたか?観た人の話しによれば原作とはほど遠...

アバター

ID非公開さん

2019/3/2920:15:42

東山紀之と中島健人の砂の器はどうでしたか?観た人の話しによれば原作とはほど遠い設定だったようですが。

閲覧数:
1,679
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

any********さん

2019/3/2920:49:24

無理やりのその変更設定には、どこにもリアリティもない。

再三のCMに感情移入さえも難しい。

素晴らしい作品を弄り倒してこのように駄目にしては
決していけないと思いました。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/1 12:20:22

同意です。ありがとうございました。

「砂の器」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nyw********さん

2019/3/3014:17:05

観た人の言う原作とは小説ですかね、それとも映画砂の器ですかね、前者なら違う代物かと。今回の砂の器も原作やタイトルこそ松本清張砂の器ですが、構成として橋本忍、山田洋次の名前が入っています。そこが味噌で橋本山田の2人は映画版の脚本を書いています。話によると砂の器については原作と映画では違うようで原作では少ししかふれない親子の彷徨に重点をおいて映画を作ったそうです。
映画との違う設定といえばいくつかのポイントがまず、三木の職業が違う、親子のさすらう理由が違うそのくらいがメインで、あとは細かい設定として今西の過去とかになるでしょうか。後、実際の和賀英良の父は作曲家等ではないとか・・・。

ハンセン病は使えないですからね。松本清張サイドの条件として砂の器の映像化には使わないという要望があるらしいですので。

seo********さん

2019/3/3014:06:39

前半は東山さんカッコいいんで見やすいっちゃ見やすいけど後半、生い立ち語るシーンがちょっとクールすぎるというか感動が薄い感じだよね。

chi********さん

2019/3/3012:41:34

・ハンセン病を扱えないので、原作通りに出来ないのはいたしかたない。
・中島君と土屋さんは頑張ってると思った。
・東山さんも良かったですが、最後の捜査会議での男泣きのシーンはちょっとわざとらしかった。
・演奏会以外の音楽が2時間サスペンス調で軽かった。
・映画版は名作ですが、秀夫が和賀英良になる経緯の説明が弱かった。今回はそこをきちんと筋立てて説明していたので、そこは良かったと思います。

そんな感じですかね。やっぱり現代に設定を移すのに無理があるかな~。
昔の中居君のやつの方がどちらかといえば良かったです。

nan********さん

2019/3/2921:41:06

映画は映像と音楽が圧巻で多くのファンから支持せれましたがサスペンスとしては説明不足でストーリーの部分が弱いという指摘も結構ありました。松本清張の中では原作そのものの評価が決して高い方ではないようです。しかも差別が一つのキーワードになっているのに、作者自身が今後映像化するときハンセン氏病を扱わないで欲しい、との意向のようですので、もうリメイク化するすろことじたいに無理があるように感じます。

yam********さん

2019/3/2920:27:38

退屈でした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる