ここから本文です

天皇陛下の父が健在という事態は 光格天皇の次の代以来、200年近く発生してな...

アバター

ID非公開さん

2019/3/3021:12:14

天皇陛下の父が健在という事態は
光格天皇の次の代以来、200年近く発生してなかったというのは
本当ですか?
あと 天皇陛下の父の兄、弟が健在という事態もありましたか?

閲覧数:
56
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fur********さん

2019/3/3021:43:24

光格天皇が仁孝天皇に譲位した後上皇となりました。
上皇が出現したのは,それ以来です。

光格天皇は閑院宮家の出身です。
父親典仁親王には弟(つまり光格天皇の叔父)がいて鷹司家の養子になっています。
また,光格天皇は典仁親王の六男で弟もいます。
ですから,次の仁孝天皇には伯父も叔父もいました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/3/3021:15:56

平成のほとんどの時期を今上天皇の叔父に当たる
三笠宮が在命だったというのなら知ってる。
他は分からん。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる