ここから本文です

相鉄・JR直通線が出来上がってきて、開業が11月30日に開業が決まったようですが、 ...

its********さん

2019/3/3111:34:45

相鉄・JR直通線が出来上がってきて、開業が11月30日に開業が決まったようですが、

素人目にみて、もうほぼ出来上がってきて、前倒し開業してもいいんじゃないかと思うのですが、その可能性は

無いでしょうか?
みなさんはどうお考えですか?

閲覧数:
96
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

h28********さん

2019/4/220:26:32

2019年度下半期の開業という事で、2020年3月に開業するのではないかと予想はしていましたが、ちと早すぎる気がしますね。

これから、E233系7000番台の相鉄乗り入れ対応改造や相鉄11000系・12000系をJRに乗り入れる為の改造や調整が必要となるので、それらの期間を入れてこの時期にしたのではないでしょうか。

JR・相鉄ともに、乗務員訓練に伴う試運転を行う必要がある為、11月30日でも遅くないと思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tec********さん

2019/4/609:07:21

まだ訓練運転すらしてないのに?
一般的に訓練運転だけで二カ月かかるよ?
11月でも早いくらいだ。

gkb********さん

2019/4/608:59:49

11月30日に開業すること自体前倒しです。乗り換え案内についてですが湘南新宿ラインは池袋の時点で埼京線への乗り換え案内をしている為、E217系だけ乗り換え案内を変更すればいいということです。

akt********さん

2019/4/317:42:48

その可能性は極めて低いです。現時点ではあくまで、レールがつながった段階です。直通用の車両の製造、改造や、羽沢横浜国大駅等の電気設備や店舗の設置などを行ったり、相鉄とJRの双方のダイヤの調整や各駅に直通案内の準備もしなければいけません。加えて乗務員の訓練も行います。以上のことから前倒し開業はしないと思いますよ。

are********さん

2019/4/223:36:46

実際に線路は繋がっていますが、運賃計算のシステム改修に膨大な量があります。首都圏のJRではプログラムの改修と路線図の書き換え。運賃表や路線図、時刻表などの張り直しだけでも、印刷から張り替えまで相当な準備時間が必要です。
もちろん、JR以外の私鉄各線においても改修が必要な駅があります。
車両側も直通車両の行先表示器のロム更新を一本一本やる必要があり、同様にE217系と小山・国府津所属のE231系、E259の自動放送の乗り換え案内と車内LEDのロム更新、車内の路線案内図の書き換えも発生します。
たぶん細かいことは、それ以上にたくさんあるでしょう。

pur********さん

2019/3/3111:51:57

11月に開業する事自体が前倒し
通常は3月のダイヤ改正に合わせる事が多いし。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる