ここから本文です

建築士さん建築確認申請について。 あまり詳しくないのですが、意匠や構造計算...

oka********さん

2019/4/315:09:53

建築士さん建築確認申請について。

あまり詳しくないのですが、意匠や構造計算など
確認申請をだすにはたくさんの項目があり、それぞれ建築さんによっても
得意不得意があるかと思います。

この項目についてどんなものがあるの知りたいです。

ケーキつくりで言うと。
・材料準備する
・混ぜる
・焼く
・クリーム塗る
みたいな感じになるかと思います。

詳しい方お願いいたします。

閲覧数:
74
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tet********さん

2019/4/316:03:21

ケーキ作りに例えるのは難しいです。

設計には大きく意匠設計、構造設計、電気設備設計、衛生空調吸排気設備設計に分かれています。
1.意匠設計がオーナーから依頼を受け、役所との折衝、調査を行い、プランを作る
(この時意匠設計の常識的な範囲で構造、設備は考える)
2.概ね決まれば、構造・電気・衛生に図面を渡し、それぞれの専門の検討を行いプランにフィードバックし修正する。
3.オーナーに図面の最終確認をし、構造計算、詳細設計に入る。
4.各図面が上がれば、意匠設計が取りまとめて製本をし確認申請を提出する。

以上のような順番になります。

意匠設計の仕事は意匠設計図の作成の他に、構造・電気・衛生設計以外の全部になります、オーナー、役所との打ち合わせや申請、構造・電気・衛生設計者間の調整などを行います。(仕事の範囲が判ってもらいにくい分野です)

構造設計は構造計算と構造図の作成です。(事件を起こした姉歯がこの仕事です)

電気設備設計は文字通り電気設備図の作成です。

衛生空調吸排気設備設計は電気を除く設備全般です。

以上のような形で仕事を進めます。

質問した人からのコメント

2019/4/5 07:55:52

ありがとうございました。

建築士にも得意ジャンルがあったようなので項目洗い出してもらえて
分かり易かったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

yuk********さん

2019/4/410:14:15

ケーキを作らないので何とも言えませんが、確認申請を出すために作る図面は非常に少ないです。関連法規を調べて図面を書く必要があり、その設計図を全て書いてある状態なら、多分クリームを塗るだけです。

図面は申請のために作るのではなく、工事のために作るのであって、法令は守る必要があるため、図面を作る=確認申請の条件はほぼすべて満たすって意味になるので、申請を出すために作るハードルは書類程度でしょうが、これは1日かかりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる