ここから本文です

コンクリートブロックで作った構造物、組積造の建築物で壁の最上部、窓やドアの開...

taj********さん

2019/4/315:22:54

コンクリートブロックで作った構造物、組積造の建築物で壁の最上部、窓やドアの開口部の上部に作られる横置きの板材、「まぐさ」と呼ばれるものはどんな目的で作られるのでしょうか?

逆に開口部下に設けられる「窓台」の目的は補強でしょうか。

閲覧数:
24
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tis********さん

2019/4/315:36:34

柱と柱との間に開口部をもうける時に、補強材として取り付けるのが「まぐさ(目草)」と「窓台(または膳台)」。
まぐさは、完成すると隠れてしまうので荒材を使います。
窓台は見えるので良材を使います。

柱と柱との間に開口部をもうける時に、補強材として取り付けるのが「まぐさ(目草)」と「窓台(または膳台)」。...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる