ここから本文です

一戸建ての家を個人的に貸し出す予定です。年間の家賃収入が幾らまで非課税でしょ...

アバター

ID非公開さん

2019/4/318:55:47

一戸建ての家を個人的に貸し出す予定です。年間の家賃収入が幾らまで非課税でしょうか?
また、非課税の場合は確定申告は必要ありませんか?
会社勤めの為、現在は給与収入のみです。

閲覧数:
64
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

inc********さん

2019/4/509:23:38

給与所得者が年末調整をきちんと受けている場合で、給与所得以外の所得が20万円以下であるときは所得税の確定申告は必要ありません。

つまり、あなたが会社で年末調整を受けている場合で、年間の家賃収入から固定資産税・減価償却費などの必要経費を差し引いた金額(不動産所得)が20万円以下ならば所得税の確定申告は必要ないので、実質所得税は課税されません。(非課税となるわけではない。)

ただし、この規定は所得税だけの規定なので上記に該当する場合でも住民税の確定申告は必要となります。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/8 22:31:06

回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ter********さん

2019/4/516:19:09

年間の固定資産税以下なら、課税所得は0円になりますから、確定申告不要です。

当然、家賃収入としては、赤字です。

jky********さん

2019/4/412:27:57

不労所得が20万円以上から申告が必要です。家賃収入から家の償却費、固定資産税火災保険料が控除され赤字になれば給与の所得税が返還さてます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

man********さん

2019/4/402:10:51

家賃収入は所得なので非課税にはなりませんよ。
なので会社の給与に加えて家賃収入を確定申告する必要があります。

iiw********さん

2019/4/321:08:16

所得税は非課税にはならないですよねw
質問者さんが無職で、家賃収入しかないというなら年間
38万円までは非課税と言う事になりますがね。
恐らく、副業と云う認識をお持ちなんだと思いますが、
副業収入の場合は年間20万円までは、確定申告が免除
される事に成っていますがね。
但し、この場合でも免除されるのは「確定申告(所得税)」
のみであって、住民税にはそのような規定がありません
ので、20万円以下でも別途住民税の申告が必要ですが。
20万円を超える場合は、要確定申告です。
普通に考えて、家賃収入が20万円以下と云うのは考え難い
ので、確定申告する必要が有ると考えますけども。
(確定申告すれば、住民税の申告は勿論必要在りませんが)

adr********さん

2019/4/319:03:52

消費税はその年の売上が1000万円を超えれば2年後納税義務が発生します。
ただし、貸付用途が居住用であれば消費税は非課税であるため、申告義務はないです。

所得税は家賃収入があるため給与所得と合算して確定申告してください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる