ここから本文です

電気屋さんに質問です。 スイッチは、黒線の間に入れますが、 その理由は、白...

het********さん

2019/4/408:41:48

電気屋さんに質問です。

スイッチは、黒線の間に入れますが、
その理由は、白線の間に入れると、切った状態でも
電球に電圧が掛かるからと言います。

でも、交流なので、その理由は当てはまらないと思うのですが、
どうなんでしょうか?

閲覧数:
31
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

itu********さん

2019/4/409:14:08

①低圧の電気は電灯用、動力用にかかわらず保安目的で一線がアースの接続されています。これは高圧が低圧に接触しても高電圧にならないための保安の仕組みです。
②質門の趣旨でいうと黒はホット側(ケッチ側)でアースされてないほうです。感電する側の電線です。白はコールド線でアース側の線になり、触っても感電はしません。(触らないでくださいね)
③したがってスイッチ回路はホット側をON-OFFすることで安全を増しているわけです。
④200V回路の場合、黒(ホット)ー黒(ホット)の配線になるのでその場合のスイッチは片切スイッチではなく両切りスイッチを使います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる