ここから本文です

「咲き盛る花の樹齢を聞きしより」の俳句の 意味を教えてください。「聞きしより...

mou********さん

2019/4/418:36:44

「咲き盛る花の樹齢を聞きしより」の俳句の
意味を教えてください。「聞きしより」は どう解釈しますか。


この花は若いのでしょうか 老木でしょうか。



76

閲覧数:
11
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ike********さん

2019/4/422:35:48

正確に読解するためには、詞書や5W1Hの説明が欲しい句ですね。

「聞きしより」は普通に解釈すると “聞いてから” ですね。
おそらく、この句においてもその意で良いのではないかと思います。
「花」は、これまた和歌や俳句の世界の常道 “桜” でしょう。

無数の花を咲かせている桜樹の、その樹齢を聞いてから・・・

あんまり若い樹の樹齢が特別視される事もないのでは。
この場合は、思いもかけぬほどに桜樹が年を重ねていた、それに対する
驚き・感慨を詠んだと見る方がふさわしそうです。
三春の滝桜のように、1,000年以上という老樹もありますから。
美しい桜が、長い長い年月を超えて咲いているのだと知ってから・・・
それによって沸き起こる思いを敢えて説明せず、読者に想像させる。
そんな句かと思います。

正確に読解するためには、詞書や5W1Hの説明が欲しい句ですね。

「聞きしより」は普通に解釈すると...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/4/6 13:44:11

回答ありがとうございます!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる