ここから本文です

『万葉集』は「国書」ですか?

thx********さん

2019/4/520:59:47

『万葉集』は「国書」ですか?

日本の元号の典拠が国書となるのは初めてだそうですが、
原文が漢文であることや、『万葉集』も結局は漢籍の影響を受けたもの、
漢詩に万葉集の元となる詩がある等々、「国書」からの出典には
疑義があるという中国文学者もいるそうです。

国書とは「漢籍などに対し、わが国の書物」と辞書にありますが、
『万葉集』はどうなのでしょうか?

閲覧数:
108
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dok********さん

2019/4/617:11:30

「国書」という言葉の定義では次のようになっています。
「漢籍・仏典など日本国外で書き著された書物に対して、日本で書き著された書物。現代においては、古典籍だけに用いられる。」

このため、漢詩集である懐風藻、凌雲集、文華秀麗集なども国書ですし、正史の日本書紀、続日本紀、古事記も国書です。
そのため、日本で書き著された書物が大和言葉の作品である必要はありません。日本人による作品が要件です。
万葉集の時代、当時の日本は中国から輸入された書籍を通じて大量な言葉が新たに生まれた時代で、その言葉は中国漢籍に由来します。ですから漢籍や中国語をなくしてその時代の日本語を表すことはできません。もし、現代人の会話で日本語なのだから外来語をすべて除いて会話をしなさいと制限すると、さて、現代会話は成り立つでしょうか。
逆に、現代語に多くの外来語が使われていますが、だからと云ってそれは日本語ではない、英語だと言うでしょうか。

参考で、古今和歌集の最初の歌を原文で紹介しますが、では、古今和歌集は「国書」じゃないと言う人はいるでしょうか。加えて、この歌は年内立春をテーマにしたものですから、中国の暦と漢籍の影響はたっぷりあります。

歌番号1
詞書 布留止之尓春多知个留日与女留 在原元方
読下 ふるとしに春たちける日よめる 在原元方
和歌 止之乃宇知尓春者幾尓个利比止々世遠己曽止也以者武己止之止也以者武
読下 としのうちに春はきにけりひとゝせをこそとやいはむことしとやいはむ

おまけに話題の「梅花歌32首」の中から大伴旅人の歌を紹介します。
歌番号822
原文 和何則能尓 宇米能波奈知流 比佐可多能 阿米欲里由吉能 那何列久流加母
読下 吾(わ)が苑(その)に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも

専門家と云う人でも、まじめに万葉集や古今和歌集の原文から研究する人は少ないので、時にテレビなどで頓珍漢な解説をします。

なお、今回が慣例になり、次回は確実に候補はすべて国書から求められるでしょうから、ほぼ、現在の40代から50代の漢籍研究者はお呼びはかからないことになるでしょう。で、名誉の選定者、考案者になる道は閉ざされたとがっくり来ているでしょうし、怒っているでしょう。場外雑音がするのは、ここが大きいのではありませんか。

質問した人からのコメント

2019/4/6 20:22:14

みなさん、ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

imn********さん

2019/4/615:43:30

万葉集は国書です。「中国製の部品だらけだから、これは日本製じゃない」と思うかどうかは、受け手の感性の問題です。

asu********さん

2019/4/612:10:29

「わが国の書物」です。■

kie********さん

2019/4/522:15:45

準国書でしょうね。純粋の国書というなら、少なくとも古今和歌集以降でなければ。源氏や枕草子でもいい。ああいうものには、漢籍の影響というのがほとんどありません(もちろん少しはあります)。
万葉集が国書なら、懐風藻とか、経国集とかも国書になりますが、政府がそんなものを考えていたとは思えません。
万葉集は、枠組みが漢文なのです。題詞左注はは完全に漢文です。編集の仕方も漢籍を真似ているようです(和歌の並べ方が、漢籍の類書に近い)。
漢文の中に和歌が挟まれている。和歌集なのに、漢詩や漢文の文章がかなりはいっている。和歌の書き方に漢文のように反転するのがいくらでもある。漢文の俗語や助字がいくらでも出てくる。「山上復有山」などというのは漢文の表現そのまま。山の上にまた山がある→出。これはもちろん万葉人が考えたしゃれではなく、たしか「玉台新詠」にあるもの。
古今集などでは考えられない。とにかく万葉集というのは尊皇思想が強烈に出てますから、「大君は神にしませば」とか「海行かば水漬く屍」とか。その点は古今集以降よりすごい。そこが政府の気に入ったのでしょう。

sur********さん

2019/4/521:46:55

>原文が漢文であることや、『万葉集』も結局は漢籍の影響を受けたもの、
>漢詩に万葉集の元となる詩がある等々、「国書」からの出典には
>疑義があるという中国文学者もいるそうです。

ふう~~ん。
能無しの中国文学者がいるんだね。

万葉仮名ってしらねぇのな(笑)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E8%91%89%E4%BB%AE%E5%90%8D

万葉集は日本文学であり、日本の方言もつかわれている(笑)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B%86

するってぇと、英語つかわれてたら全部イギリスのものってか?
英語の英ってイギリスのことだぜ。

いいかい?
書かれているのが何語であろうが、その文学体系が重要なのであって、
万葉集には漢詩の特徴は薄い。

それと日本では漢詩には[詩]がついているものは漢詩に影響をうけているされている。

ちったあ、世界文学を勉強しろ・・・といいたいな。

アバター

ID非公開さん

2019/4/521:10:45

万葉集が、「漢籍などに対し、わが国の書物」であることは、火を見るより明らかです。要するに「国書」に間違いありません。

しかし、問題は別の所にあります。

昨日の朝日新聞に出た、「万和」の発案者である石川忠久二松学舎大学元学長の「異例」とも言える発言で明らかになりました。

初めから、政府には「国書ありき」であり、漢籍から採るというのは当て馬であったようです。
国書として万葉集から採ったものを選び、筋書きどおりで、安倍首相の発言となったようですね。

万葉集と言っても、採択されたのは漢文の序ですが、とにかく、元号の制定に、政府の意志が強く関与したと言うことは、異例であり、悪例を残したことは間違いありません。

しかし、いずれ忘れ去られることでしょう。次の元号が定められるときには、世の中がどのような状態になっているか分かりません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる