ここから本文です

親が認知症になった場合口座凍結等が起こり財産を自由に出来ないと聞きました。 ...

アバター

ID非公開さん

2019/4/712:00:37

親が認知症になった場合口座凍結等が起こり財産を自由に出来ないと聞きました。
まだ両親は健在で、不動産などは両親はの名義のものが多いです。
両親のどちらかが、認知症になった場合、不動

産は自由に動かせなくなりますか?

閲覧数:
168
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sey********さん

2019/4/717:39:07

認知症といいましてもその程度にもよりますが、「意思能力」がないと認められるような認知症ということでお話します。
「意思能力」といいますのは、自分の行為の法的結果について、それを認識して、判断できる能力のことを言います。
簡単に言いますと、預金の引き出しなら、そのお金を引き出してお金が手元に入り、そのかわり自分の預金残高が減るという認識でしょうし、不動産売買で売主ということなら、その不動産の所有権が買主に移転して、そのかわり売買代金を受け取れるということを認識して、判断できるかどうかということですね。

さて、認知症になりますと、銀行がその事実を知った場合、口座を凍結することもあります。例えば、認知症になって、娘さんがその人の生活費としてキャッシュカードで預金を引き出そうとしたところ、暗証番号がわからずに、銀行に正直に話した結果、口座を凍結されてしまったということもあります。

また、その人名義の不動産も成年法定後見人を家庭裁判所に選任してもらわなければ、売却等できなくなってしまいます。
ご両親の共有になっている場合は、そのどちらかがが認知症になってしまえば、自由に売却等はできなくなります。

余談ですが・・・日本はこれから高齢化社会になりますので、そういう問題がたくさん起こってくるでしょう。預金や不動産という財産関係以外では、介護についても考えておく必要があります。
認知症になった時に、まずは場所ですが、自宅か施設か?次に誰が?そしてその費用は?ということが現実問題として起こってきます。
あらかじめ親族みんなで話し合っておく必要があるだろうと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sok********さん

2019/4/800:10:09

認知症で施設に入った時の引き落とし口座とか今までの不動産の固定資産税の支払い位大丈夫でしょう。
万が一凍結となったら、成年後見人つければいいだけですしね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cbn********さん

2019/4/712:46:37

☆、原則は親子や夫婦でも、資産権利を家庭裁判所の代理人委任の判
決書もなく、預金の引き落としや権利の転売移動は出来ないようです。
高齢になったならば、その点を如何様に配慮するかは本人次第です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる