ここから本文です

弓道で分からないことがあるので教えて頂きたいです。

アバター

ID非公開さん

2019/4/1018:59:08

弓道で分からないことがあるので教えて頂きたいです。

弓道を初めて1年の初心者です。自分は矢束が90cm程で矢尺は102cmです。弓は伸14kgまたは4寸伸15kgを使っています。
引いていると引き尺が100cm程になってしまいます。
手繰っているのでしょうか?でも右腕側はむしろ潰れてしまっています。
また、肩が1連の動作で上がり気味で力んでしまいなかなか力を抜けません。別に弓が引けない訳でもないです。
この2点が食い違っているようでどうにも分かりません。ただの力任せなだけでしょうか?
解決のヒントでもいただけると有難いです。

閲覧数:
38
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

try********さん

2019/4/1116:50:02

最初に測る矢束の測り方は、教本図解にあるように左腕を伸ばして喉元から指先までの長さで測ると思いますが、実際の矢束というのは実は違います。
同じ腕の長さでも、上腕と前腕の長さは人によって微妙に違います。
ですので、正確なその人の矢束というのはある程度射形が固まった状態で決まります。

こうした事情から最初に測った矢束以上に引いている事自体はおかしいことではありません。
ただ、両肩が上がり気味で力んでいるというのは良くありません。
また、一般的に両肩が上がると引きが小さくなって矢束が取れないものですが、大きく引いているという事はその逆の状態です。

ただ、横引きと言って馬手肘が背中に入ってしまうような引き方だといくらでも引けてしまうので手繰ってなくても矢束が長くなります。
もし馬手肘が背中側に入っているようでしたら、それは平付けの原因にもなるので直すべきです。
また、右肩よりも拳一つ以上右肘が会で下がっている場合も必要以上に矢束を取っていると思います。
これは場合によっては会で帽子が上を向くことになり離れで緩みますので、直すべきです。

直す順序としてはまずは両肩が上がらないようにすることが先です。
両肩が上がると下筋が効かず手先でしか引けなくなります。
弓構えで両肩を下げ、大三で右肩が上がるのは良いですが、引分けの途中から会では左右の肩が下がっているようにすべきで、どうしても上がる場合は上がる原因を探るべきでしょう。

両肩が上がる原因として多いのは、大三で円相が取れていない場合で、円相が取れると両肩が少し前に出るはずですが、後ろに抜けていると打起しで両肩が上がります。
指導者や他人に見てもらってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

uoc********さん

2019/4/1022:18:24

馬手の手繰りに至らないまでも、馬手の腋が閉じて肘が肩線より低くなると手繰るのと近い効果で引き尺は取れながら潰れた右腕になりますね。
想像ですが、
(1)15kgの弓力は余裕を持って引けるのではないですか?
(2)矢尺束90cmはまったくの初心者の時の計測で、実際より短いのではないですか?
馬手の腋の閉じ(締め)で矢束90cmの射手が102cmまで引くのはこの2つを確認すべきかも知れません。

馬手の手繰りに至らないまでも、馬手の腋が閉じて肘が肩線より低くなると手繰るのと近い効果で引き尺は取れながら潰れた右...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる