ここから本文です

化学のピストンを固定したときの問題について 窒素とエタノールが入ったピスト...

bas********さん

2019/4/1117:16:55

化学のピストンを固定したときの問題について

窒素とエタノールが入ったピストンが最初、全圧Pだったとします。
このピストンを固定して冷却しA°cとした。
この時エタノールは飽和蒸気圧に

達したとします。

ここで質問なのですが、
最初の全圧P=(A°cの窒素の分圧)+(A°cのエタノールの飽和蒸気圧)
にならないのは何故ですか?

ピストンを固定してるから
ピストン内部の圧力=外圧
にならないからでしょうか?
教えてください。

閲覧数:
20
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ktn********さん

2019/4/1117:39:41

> 最初の全圧P=(A°cの窒素の分圧)+(A°cのエタノールの飽和蒸気圧)

ピストンを固定して冷却したとあるので、窒素の分圧は、シャルルの
法則により、 A [℃] のときより小さくなります。 したがって、 上記の
式は成り立ちません。

A [℃]での全圧=A [℃]での窒素の分圧+ A [℃]でのエタノールの
飽和蒸気圧

となります。 このとき、 内部の圧力と外圧は無関係です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hpb********さん

2019/4/1117:30:27

気体の状態方程式を見てもらえば分かりますが、体積が固定の場合、温度が変われば圧力が変わります。
ピストンを固定しているため、内部と外部で圧力が違うという考え方はあっています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる