ここから本文です

なんjで聞いたのですが豊臣秀吉が政権維持出来なかった理由として 武家ではない ...

ika********さん

2019/4/1218:36:41

なんjで聞いたのですが豊臣秀吉が政権維持出来なかった理由として
武家ではない
農家(豪農?

)なので武家のルールを知らなかった
身内が少ない
徳川家康はその逆で成功したと聞いたのです本当なのでしょうか

閲覧数:
81
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2019/4/1223:41:03

なるほどそういう言い方もあるかな、って程度ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「なんj」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

真田 遼さん

編集あり2019/4/1223:30:58

秀吉ではなく秀頼の時に政権交代が起きた。
原因は色々ありますが定説では武家出身でない 農民出身 武家のルールを知らなかった、は当たりません。
後継問題を軽視した、譜代代わりの七本槍が割れた、五大老は家臣ではなく従属同盟、天下人になってから人が変わった、など数えるとキリがありません。
自分の考えでは元々武家政権の内乱である応仁の乱以降 武家を纏める勢力 人物を求められていた時代に秀吉は天下統一したにもかかわらず征夷大将軍になれず、関白という朝廷の官位により統治を行っていたので、家康の様な清和源氏の嫡流を名乗る者には面白くなかった、官位による武家朝廷を融合させたような統治機構はその時代に沿わなかった。
明確な武家政権、幕府を誕生させる為には秀吉の死後 豊臣家を滅ぼす必要があった。
という解釈をしています。

peace2qazさん

2019/4/1219:41:32

政権を維持できなかったのは豊臣秀吉ではなく、豊臣秀頼です。

そもそも無理ですね。

時代が悪いです。

ina********さん

2019/4/1219:37:36

豊臣政権が続かなかったので政略結婚を活用できなかったため。
徳川家康は実の娘だけでなく、親族や家臣の中から美人の娘を片っ端に養女にして諸大名に嫁がせていました。
そして家康自身も関ケ原の後に御三家となる義直、頼宣、頼房を作って政権を盤石にしています。
一方、秀吉の方は豊臣秀長の娘を毛利秀元に嫁がせたくらいで、秀次事件では身内の争いにも関わらず他家の娘を処刑してしまう始末。
しかも後継ぎ候補が幼い秀頼だけしかいないのでは政権維持は危いものです。

こうした豊臣政権の脆弱さを招いた元凶は子を産めなかったねねにあるのではないでしょうか。
家康が最初の妻である築山殿に見切りをつけたように、秀吉もねねをさっさと追い出せば良かったんです。秀吉自身が種無しだったのかもしれませんが。

aja********さん

2019/4/1219:01:04

ブレーンもたくさんいたのに武家のルールを誰も知らない、と?(笑)
身内(特に譜代)が少ないのは欠点ですが、そんなことより、大大名に中央の政治への関与を許したのが致命的でしょう

身内も多かった武家の織田が政権乗っ取られてますよね、秀吉に

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる