ここから本文です

高校受験で志願理由書を書くとき”努力”という言葉は使うなと先生に言われました。...

アバター

ID非公開さん

2019/4/1407:49:29

高校受験で志願理由書を書くとき”努力”という言葉は使うなと先生に言われました。その先生が言うには努力したかどうかは他人が判断することだから「努力しようと思います。」なんて書くなって言われました。

言っていることは分からなくはありませんが納得いきません。先生が言っていることは正しいでしょうか?

閲覧数:
46
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bep********さん

2019/4/1409:01:59

私も「努力します」はNGと指導していました。

「~するように努力します」よりも「~します」のほうが、~の部分次第ではありますが、普通は気持ちが素直に伝わります。まして「思います」なんて絶対につけてはダメです。思うくらいならさっさとやれよ、と突っ込まれてしまいますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ada********さん

編集あり2019/4/1410:04:32

志願理由書ですから先生のおっしゃる指導が一般的です。
努力する事=手段 ではなく 理由=目的を伝えなければならないという事です。

受験や試験は加点法のものと減点法の物があります。
記述試験や通常の面接ならゼロから得点を加算していく加点法。
逆に質問のように完成したものを提出するなら減点法です。

それを踏まえて今回の件ですが、例えば貴方が中学時代部活動に熱心に取り組み、高校でもそれを続ける為に強豪高に進学したとします。
その時「私は高校でも努力して部活動を続けていきたいと思います。その為にこの学校を選びました。」
とするのと
「私は高校でも部活動を続けます。その為にこの学校を選びました。」
とでは、相手は受ける印象は違うと思います。
私が審査官なら最初の答えの子は″この子大丈夫かな?無理して勉学が疎かにならないかな?″と心配になります。
私はこの件で″努力してるかは他人が判断する事″という先生の理由は当てはまるのか疑問ですが、私でも理由は違えど同じ指導をすると思います。

納得いかない理由もあるとは思いますが、結局ルールを決める側の人間には逆らえないのが現実です。
また試験はテクニックがある程度必要なのでそのテクニックの1つだと思って利用してみて下さい。

ume********さん

2019/4/1408:59:22

正しいかどうかはわかりませんが、一理ある、ってところでしょうか。
それに志願理由に「努力」は使わなくとも書けるのでは?

うちの子が受験の時にどう書こう?と相談された時にしたアドバイスは「〜思います」を使わないで言い切る言葉を使うようにしたら、くらいです。
〜やりたいと思います→やりたいです、みたいな。
その方が強調出来るので。

言葉選びにいろいろ悩むと思いますが、頑張って下さい。

プロフィール画像

カテゴリマスター

coo********さん

2019/4/1408:50:49

私には先生の言い分は正しいとは思えませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる