ここから本文です

もうこはんと言うあざが、子供のころ、お尻にありましたが、 消えてしまいました...

akj********さん

2008/11/1321:54:05

もうこはんと言うあざが、子供のころ、お尻にありましたが、
消えてしまいました。なぜ消えたのか?蒙古と、関係あるのか?
教えてください。

閲覧数:
219
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

par********さん

2008/11/1322:52:56

蒙古斑は、皮膚の深い層にあるメラニン色素が透けて見えているものです。
成長すると消えると言うわけではなく、皮膚が厚くなったりする事で、メラニン色素が見えにくくなっていくようです。

蒙古斑とは、モンゴル系人種の子供に多く発見された事からその名がつけられたようです。
日本人も殆ど蒙古斑が現れます。

すべての人種に蒙古斑はあると言われてるそうですが、メラニン色素の少ないヨーロッパ系人種には現れにくいそうです。
「幼児虐待」と間違われることもあるとか・・・

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる