ここから本文です

宇野昌磨選手はなんで、3回転のあとに4回転という逆のコンビネーションジャンプ...

アバター

ID非公開さん

2019/4/1501:02:22

宇野昌磨選手はなんで、3回転のあとに4回転という逆のコンビネーションジャンプをやろうとしたのですか?普通は先に4回転、次が3回転じゃないですか?理由は最初の方が勢いがついているからです。逆にしようとする

と、3回転を飛んだ後に短い時間で4回転を飛ぶための勢いを付けなければならず相当無理がある。無茶すぎる。ひょっとして、順番間違えちゃったんですかね?
しかも、仮に成功しても先に4回転にするのと得点変わらないですよね?意味なくないですか?

閲覧数:
595
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2019/4/1517:02:39

今季からフリーのジャンプの要素数が7本になったので、将来的にはアリだと思います。

4Aを除く5種類の4回転が跳べれば、3A+4Tは相当の価値が出てくるでしょう。

例えば、

3A+4T / 4F+3T / 4Lz / 4Lo / 4F / 3A+1Eu+3F / 4S

などでしょうか。まあ、ここまでする必要があるかどうか、少々疑問でもありますが。最早、ジャンプ大会の世界になりそうで個人的にはどうかと思いますが…

プログラムのトータルパッケージさえ失わなければ、是非見せてもらいたいですね。

  • shi********さん

    2019/4/1521:00:47

    追記

    質問内容と回答にズレがあったので改めて。

    3A+4Tはコンビネーションのため、基礎点はまるまる入ります。

    8.0+9.5=17.5

    4T+3A+Seqはシークエンスのため、基礎点は80%になります。

    (9.5+8.0)×0.8=14.0

    セカンド以降でアクセルジャンプを跳ぶと、そのジャンプボックスはシークエンスとなり基礎点80%です。セカンド以降が2A、1Aでも同じです。

    シークエンスは、基本的には損技です。
    基礎点的には、3A+4Tの方が得になります。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「宇野昌磨」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fai********さん

2019/4/1502:01:51

3回転のあとに4回転、そんな無駄なジャンプやろうとしていません。

やるのは3回転半+4回転(3A+4T)です。基礎点が17.5点になります。

4T+3Aは基礎点が14.0点ですから趣味の世界です。
4Tのあとに3Aをコンビネーションで跳ぶのは不可能です。
そのため正式表記:4T+3A+SEQという基礎点80%(17.5×0.8)のジャンプシークエンスという名称になります。コンビネーションではありません。

羽生は足首の故障で今期3Lzを跳べないので、世界選手権ではそれを補うためにあえて得点の低い4T+3A+SEQを跳びました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる