ここから本文です

弓道 高校生ですが、射場で引いている時人によって的の正面だと思って立っている所...

アバター

ID非公開さん

2019/4/1520:32:27

弓道
高校生ですが、射場で引いている時人によって的の正面だと思って立っている所が多少違っていて困っています。的の正面を確認する方法はありますか?

閲覧数:
24
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

try********さん

2019/4/1610:44:53

的に対して正面に立ち、弓を体の前に立てて弦が的の中心に来るようにして見ます。
添付の写真はネットで拾ったものですが、この場合は道場の立ち札と的の中心が一直線上になるように弦で見て立ち位置を決めているのでより正確ですが、恐らく立ち位置の目印が無いと思うので、道場の板の目などと比較して弦が的の中心で床に対して直角になる位置が立つべき位置だと見て良いと思います。

本来は大前の立つ位置を正確に測って決めて、そこから的の間隔ごと道場の床に印をつけておくべきです。
毎回同じ場所に立って引かなければ正しい練習になりません。

的に対して正面に立ち、弓を体の前に立てて弦が的の中心に来るようにして見ます。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

uoc********さん

2019/4/2123:43:36

射手が的の正面に正しく立つには、
(1)道場で各的の正面に位置するところに立ち札を置く
(2)マスキングテープなどで各的(立ち順)に印をつける
など日常の練習で正しく的に正対できる環境を整えて、各自が正しく足踏みをできるように向上するのが良いです。
射位に立った射手は「抱き的」「背負い的」もしくは左右の足踏みが多少斜めにズレていてもなかなか気付き辛いものです。
随分昔は学生弓道の試合において監督やチームの控えが床面に近い高さで足踏みと的正面の関係を覗き込んで射手に修正を指示していた時代もあります。

道場の環境を整えるために正確な測量を実施して立ち札の位置をマークしておく場合もありますが、簡易的な方法としては床板の目や矢を利用して的に対して正対する場所に目印を付ける方法があります。上記の様に床面に矢を寝かせ、的正面になる位置を覗き込んでおおよその正しい立ち位置を把握することができますからそこに印を付ける方法です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kik********さん

2019/4/1522:41:19

どこかに、床にマークを付けてるはずだけど。

やったことないが、矢でも垂直にして片目で床と的をつないでみれば、どうか

なー。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる