ここから本文です

戦国時代に大島光義という93歳で関ヶ原の戦いに出陣した、弓の名人の武士がいて関...

kou********さん

2019/4/1611:02:10

戦国時代に大島光義という93歳で関ヶ原の戦いに出陣した、弓の名人の武士がいて関藩の初代藩主にもなり信長、秀吉、家康からも認められた逸材ですが何故に人気が出ないのでしょうか。

老いて盛んとか三国志の黄忠みたいに勇ましいです。

閲覧数:
47
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryu********さん

2019/4/2116:42:21

甥て盛んな老将は日本は多いので他と比べ埋もれちゃったのだと思います。

あとは日本だと真田幸村とか忠臣で死んでいく人が良いとされるので主君が3回変わって長生きしている点がむしろ昔の日本では流行らなかったのかと思います。

今後、人気が出るかもしれないです。

質問した人からのコメント

2019/4/22 19:13:17

93歳の関ヶ原を読み尊敬しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる