アガサクリスティ 「予告殺人」 犯人はなぜ家政婦を殺そうとしたのでしょうか? 家政婦の言う事は誰も信じてなかったし 近くにみんながいるのに リスクが多すぎませんか?

ドラマ285閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:2019/4/24 2:27

その他の回答(3件)

0

家政婦の言葉を誰も信じなかった、でも、真犯人からすれば、彼女の話が怖い位に事実と一致し過ぎていたということでしょう。 考えてみればこの事件の犯人、殺されるほどの理由があったのかどうか疑問ですね。 二人目 あの人が居なかったことに気が付いた。でもあの人が誰かは分からないし、その時も相手は本気で聞いていなかった。 三人目 レーリィと言うべきところをローリィと言ってしまう。でも、誰もがそれを単なる年寄りの老化のせいのように思い込んでいた。 四人目 探偵に唆されて、事実と一致する嘘を吐く。彼女が嘘吐きと知っている周りの人間は相手にしない。 つまりどれも、真犯人の心の中の疑心暗鬼によってもたらされた殺人です。こんな気の弱さで、よく今まで嘘を吐き通していたものだと思いますね。

0

火のない所に煙は立たぬとも言いますし 普段は嘘しか言わないミッチーがその時だけ本当のことを言ったので、急に不安になったんでしょう 大親友のドラがちょっと自分のことをローリィと言ってしまっただけで殺すほど、自分の正体が明らかになることに対する恐怖心が強くなっていたと思われます 不安要素は一つ残らず潰さなければ気が済まない精神状態だったのではないかと思いました