ここから本文です

京都には“洛陽”や“洛”とつく名称が多いけど、 中国の洛陽に由来しているのですか?

アバター

ID非公開さん

2019/4/1713:04:46

京都には“洛陽”や“洛”とつく名称が多いけど、
中国の洛陽に由来しているのですか?

閲覧数:
32
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2019/4/1713:17:51

そうです。
戦国時代が京都にいくことを「上洛」といいますしね。「洛中洛外図屏風」とかね。
洛、というのは中国の川(黄河の支流)の名前で(だからサンズイ)、そのほとりの都市が洛陽です。周がここを都とし、漢がこれを引きついだので、(その後王朝ごとに都が移っても)「洛陽」は都の代名詞になりました。
平安京は、実際には唐の都の長安をモデルに作られましたが、そういうことじゃあなくて、都を漢文でカッコよく言うときは「洛」なんです、イメージ的に、そうなるんです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/20 23:26:47

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pwb********さん

2019/4/1713:09:32

そのとおり。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる