ここから本文です

合気道では相手の攻撃なしで技を極める仕掛け技も存在しますか? 例えば、暴れす...

プロフィール画像

カテゴリマスター

ban********さん

2019/4/1808:41:31

合気道では相手の攻撃なしで技を極める仕掛け技も存在しますか?
例えば、暴れすぎて疲れた相手が無抵抗になったところを、再度暴れないように制圧して動けなくするといった仕掛け技はありますか?

存在する場合、それはどのような技ですか? 関節技とか締め技ですか? 例えば、それは総合格闘技でいうチョークスリーパーなどとは違い、完全なる合気道独自のオリジナル技ですか?

閲覧数:
140
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tat********さん

2019/4/1809:54:36

現在の合気道は知りませんが
戦前や終戦直後の合気道では
「当身(突きや蹴り)」があったと聞きます。

つまり
まず当身で敵に接近し
投げで動きを封じて
関節技や絞め技で極める
というのが
本来の武術としての合気道だったとされます。

戦後の平和主義の中で
武術=野蛮・軍国主義的
というイメージもあり
こういった猛々しいあり方が
姿を消してしまって
現在の形式的な
合気道となってしまったようですね。

質問した人からのコメント

2019/4/24 21:02:16

戦前や終戦直後の合気道では当身(突きや蹴り)があったのですね。ご回答いただきありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mai********さん

2019/4/2100:23:40

正統を受け継ぐ道場で正しい稽古を積めば疑問にもならない事です。
合気道の形稽古には仕手と受けがあります。
仕手が攻撃側で受けが攻撃を返して相手を制する稽古をするのは初心者も同じなので勘違いする人が多いのだと思います。
例えば、技の稽古の前の準備運動のような体の転換や呼吸法の動きにもある、仕手が相手の腕をつかむ動きです。
仕手が軽く掴んで受けに術理や技の原理、間合い呼吸を学びやすくしている段階は確かにありますが、その次以降の段階では、仕手の掴み方が変わります。
次の段階では腕力をフル稼働させて相手の手首に指の跡がつくくらいの力で掴みます。
その次の段階では、相手の腕を通して手首から肩まで力を伝えて相手が跪くように術理を使って力を流し込みます。
その次には、術理と技を複合的に使います。
その次には、複数の術理を複合的に使います。
こうやって、仕手側も相手の手首をつかんで動きを封じる稽古のレベルを上げていくのです。
相手に戦意があろうとなかろうと術理を使って手首から力を流し込めるレベルの人に掴まれたら、力だけでは逃げられません。
力が強い相手には、術理だけではなく掴む場所を急所の場所に合わせて、逃げようとすれば急所が痛めつけられる掴み方を使うだけです。
合気道というか合気柔術独特の技もありますが、他流でも見られる術理を取り入れている掛け方もあります。

kyo********さん

2019/4/2014:20:40

突きや蹴りに対して技をかけるのも難しい。掴んできたりしない限り自然体の人にはかからないんじゃないかな?相手の力が弱かったり、当て身で弱らせたらわからんけど。しかしながら、合気道の打撃はおまけ程度で効かないと思うよ

hus********さん

2019/4/1911:12:44

合気会合気道の母体の大東流にはあります。これは格闘術ですから。絞めも普通です。
植芝開祖の若い頃には、あったと思います。

私も47年前の合気会合気道で師範から当身を習いました。蹴りも。ただこれは相手の攻撃に対するもので、先の先では無いような気もしますが。当時の師範はそんな説明は一切なし。やれ!の一言です。

植芝開祖が愛を言い出したら…無抵抗の相手を制す・など論外でしょう。
無抵抗は放置するだけ。
攻撃してきたら、やんわり諭す・・

bon********さん

編集あり2019/4/2122:06:53

相手が攻撃してこなくても、自分から相手の後ろに回って、あるいは相手を後ろ向きに回転させて、自分から相手の手を取って、関節技をかけるだけですから、普通にいつもの合気道技が使えますよ。
唐突に取るので、罪悪感はつきものでしょうが。
養神館系では型もありますが、受け技の変則形といった扱いです。

kir********さん

2019/4/1811:50:39

一教 三教 四教が使えそうですね。三教は酔っぱらいを介抱するのに使えますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる