ここから本文です

金魚の薬浴の経過について(長文です) 一年程飼っている赤いピンポンパールが、...

アバター

ID非公開さん

2019/4/2115:31:27

金魚の薬浴の経過について(長文です)
一年程飼っている赤いピンポンパールが、レイアウトに挟まって怪我をしてしまいました。背ビレ付近を擦りむいてしまい、翌日には白いもやもやがついてい

たので、15ℓのバケツに隔離して0.5%の塩と、グリーンFリキッドを入れて薬浴中です。エアーと、本水槽と同じ温度のヒーターも入れています。今日で薬浴3日目です。金魚は元気にバケツの中を泳いでいます。私が覗くと餌を欲しそうにするので、一粒だけ餌をあげました。また、同じ割合の塩と薬を入れた水で1/3〜1/2程度水換えをしました。
モヤモヤしたものは無くなったようですが、いつまで薬浴をすればいいでしょうか?怪我が綺麗に治って、もとの赤い鱗に覆われるまででしょうか?
今後のどのように治っていくのか教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
16
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

リクエストマッチ

編集あり2019/4/2116:26:01

◎薬浴は薬剤によりますが原則5日~7日間です。これは魚害が出易くなるからです。抗生剤の薬浴→例えばグリーンFゴールド顆粒や観パラDの場合は長期連用により菌の耐性が付き易くなるので期間内で一度終了して、休薬期間を設けるか進行がある場合は薬剤を変更して再投薬になります。3日以上して進行が止まらない場合は薬剤を変更した方が良いです。

◎今回は外傷に水カビが付着した状態だと思います。水カビは魚に直接触れない様にピンセットで除去して、綿棒にグリーンFリキッドを塗布された方が回復が早いと思います。
現状水カビが取れて、炎症が引いたなら早めに淡水へ戻した方が良いです。
金魚本来の回復力があるからです。メイン水槽に戻される前に5日間位は単独飼育をして経過を見られる事をお勧めします。薬浴により防御機能→粘膜分泌が阻害されて防御が弱くなっています。

薬浴中は使用出来ませんが粘膜保護剤入りのカルキ抜きを使用してあげて下さい。
淡水へ戻されても水質の維持の為に、換水は毎日1/3~された方が良いと思います。

金魚さんに元気がない場合は、0.5%の塩水浴継続されも構いませんが、水カビが無くなった時点でかなり免疫力も回復されていると思います。塩水浴も7日迄にされて淡水へ戻しましょう。

◎怪我の場合時間が薬となります。パールの鱗が以前の様に完全に復元されるか否かは断言出来ませんが、鱗は生えます。赤みが退色し元に戻る迄日数を有する事を御理解下さい。
怪我の場合は、換水前の2時間以上前に餌を与えて体力の回復をはかってあげて下さい。
グリーンFリキッドは室内灯でも光分解されますので、早めに薬剤を触媒したい時は半量の換水をして、光と活性炭を使用して下さい。

◎怪我の場合は早めに淡水へ戻してあげましょう。

参考になれば幸いです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/22 05:24:44

回答どうもありがとうございました。
今日は光に当てる、1/2淡水に水換えします。明日から淡水に1/3ずつ換水しながら様子を見たいと思います。粘膜保護剤入りのカルキ抜きも使ってみます。
また何かあったら質問させてください。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bes********さん

2019/4/2117:11:44

そもそも塩浴も薬浴も不要だったと思うので、経過が良いなら少しずつ真水に戻していいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる