ここから本文です

私には霊感があります。 たまに悪霊や浮遊霊に憑かれます。 そのときは肩が重く...

アバター

ID非公開さん

2019/4/2414:01:56

私には霊感があります。
たまに悪霊や浮遊霊に憑かれます。
そのときは肩が重くて苦しくて大変です。

昨日も霊に取り憑かれて同じ症状になりました。

ためしに肩にサロンパスを貼ってみたら霊が成仏したようで楽になりました。

サロンパスは浄霊や除霊などにも効くようです。
スピリチュアルや浄霊・除霊や心霊にお詳しい方で、その原理をわかりましたら教えて下さい。

閲覧数:
188
回答数:
17
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zam********さん

2019/4/2514:52:25

アンメルツヨコヨコでも大丈夫。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/4/2515:02:18

    それも良さそうね。
    試してみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/30 11:11:32

アンメルツヨコヨコも効きました。
肩が楽になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kur********さん

2019/4/2919:01:18

メディアには、こういう主張も有ります。

「 人が独力で霊魂に対処するのは無理」

「誤った祓い等に効果が有った様に思わせ、密かに干渉を続ける低級霊もいる」

「高級霊魂の気を降ろせないと、言葉・動作・物質に、祓いや清めの効果は生じない」
「物質ではない幽体は、どんな物質からも影響を受けない」

「高級な気を帯びていない物質(普通の塩・酒・水・札・石・数珠・神棚・仏壇・お守り・ご神木 等)は、役に立たない」

「高級な気を帯びた品でも、正しい措置をとらなければ、その内この世の気で穢れ、霊的機能を失う」

「地上の霊的環境が、今よりもマシだった頃(数十年前)なら、幽体を知らない人でも結果的に、正しく祓えた場合も有ったのかもしれない。
祓いの作法は人と霊魂との約束事なので、神社や寺で修行した人が、作法を正しく行なった場合、高級霊魂に寄られていれば、人は何も知らなくても良かったのかもしれない。

※現代は、古来の作法を正確に行なっても、高級霊魂が側に居ない。それでは霊的に無意味 」

「間気の不足で幽体がズレた肉体に、入りたがる者もいる」

「水波霊魂学で言う間気=肉体と幽体を重ねる、糊の様な気=気功で言う内気=エクトプラズム 」

「霊魂の幽体が、丸ごと肉体に入る事は稀(人の幽体が邪魔な為)」

「肉体に完全に入った者は、自由の大半を失う(体外に出る事すら困難)

故に、多くの不道徳な霊魂は、人の体外から干渉したり、自分の幽体の一部を、間気不足の人の肉体に、一時的に入れたりする
※大抵は、来たい時にだけ相手の傍に来る 」

「 霊感や霊能を得たと、人に錯覚させる低級霊達がいる

※対象になり易いのは、特殊能力の開発に励む人・幽体が弱過ぎる人・高級霊魂の協力無しの修行(瞑想等)をした人等

※知覚させる映像・音声・感覚・霊や神仏や天使や宇宙人の姿と言動・あの世や前世の情報・オーラの色・神秘体験の内容等は、霊魂が決める」

「 霊的知覚は、遺伝的・潜在的なものではなく、霊魂の干渉を受ける事で身に付く」

「死後最初に使う身体=幽体の眼で、人は皆何らかの霊魂を視ているが、肉体の脳にはまず知覚できない(人の肉体に、紫外線を視る機能がないのと同じ)

※幽体の知覚したものを頻繁に肉の脳にも知覚させる為には、霊魂の特殊な技術が必須

※守護霊や指導霊等の高級霊魂は、幽体の強化すらしていない人に、霊魂の姿や声等を知覚させようとはしない
(その人が低級霊に寄られる事を、避ける為でも有る) 」

「 霊能の様なものを与える為に、善意のつもりで余計な干渉をする低級霊もいる 」

「 ここでいう 低級霊=幽体が、不健康な霊魂(優しい者もいる)」

「幽体が弱いと、低級霊の気を心地良く感じかねない
(パワースポット巡りや、誤った瞑想の最中に、宇宙エネルギーや神の気が入ったと、喜ぶ人達もいる)」

「他者からの怒り・妬み・八つ当り・逆恨み等の念で、幽体は負傷する
(多くの念は弱いが、浴び過ぎると自然治癒は無理)」

「 幽体の負傷・滝行や断食や菜食や不眠不休による肉体の衰弱・チャクラや丹田の開発 等により、間気を漏らす事も有る」

「 霊的な金縛り・心霊写真・物音・物体移動等は、間気の応用」

「肉体が無くても、間気をより物質に近い状態にすれば、ある程度物質に干渉可能(要練習) 。
故に悪戯好きな低級霊は、間気を漏らした人や、他者の間気を体に付けた人等に寄る 」

「霊魂が人や動物の形に変えた間気を、幽霊と見なす人もいる」

「心を強く明るく美しくしても、幽体が不健康だと、思考=想念や幽体の姿を、低級霊に知覚され易い。
逆に、高級霊魂には知覚され難い(肉体の眼がないと、肉体は視えない)」

「霊的存在にとって一番知覚し易いのは、霊的身体の質(成長度・健康度)が自分と同じ者の、念や霊的身体の姿」

「担当する人の現在地が、解らない守護霊等もいる」

「幽体は心ではなく、内臓を持つ 身 体 である為、心の改善では癒えない
(心を磨いても、骨折が治らないのと同じ)」

「高級霊魂の気=幽体にとっての栄養・薬

◇人が幽育や、神伝禊法を行いたくないのなら、高級霊魂はその意志を尊重する

善行・先祖供養・心の浄化や強化で、高級霊魂に思考や姿を知覚され易くなったり、真の霊的安全度・成長度が増したりはしない

※心と言動が立派でも、栄養を得ないと回復や成長に至らないのは、肉体も幽体も同じ」

「神仏・高級霊魂・哀れな未成仏霊 等を装う邪霊達がいる
※心が強く清い人達の中にも、邪な低級霊達の玩具はいる

※霊能者側の邪霊と、依頼者側の霊魂の八百長で、祓いの成功を信じる霊能者や依頼者がいる

※『本物の霊能者なら、質素な生活をし、無料か低額で人を助ける筈』と考える人達を招く為に、玩具にそういう事をさせている邪霊達がいる

※愛・善行・感謝の大切さを玩具に説かせる者もいる
※現世利益の様なものを人に与え、この世では幸せにしておく邪霊達もいる

※邪霊は、この世のどんな詐欺師よりも狡猾 」

「供養や説得で、反省や成仏をしたふりをする者もいる」

「 幽体の弱い人が読経したり、墓や仏壇の前で熱心に祈ったりすると、その念を暇な低級霊に知覚され、寄られかねない」

「お経に祓いの効果があるとすれば、読経者の念を読んだ霊魂が、問題を起こす霊魂に対処する場合
※邪霊が霊魂を追い払う場合もある
(その場合、ヤクザに借りを作る事よりも危険)」

「低級霊の被害者が、高級霊魂側の霊媒の所にいる場合、低級霊は大抵別の所にいる。
そして、霊媒から被害者が離れると、干渉を再開する。これでは、いわゆる除霊は無理」

「低級霊に干渉されたくない場合、幽体や気の正常化等が重要」

「生活習慣病の根治には、専門家の助力の他に、正 し い 自助努力が必須。
これと同じで、高級霊魂と霊媒の共同作業で、一時的に間気や幽体の不調を改善されても、本人が正しい対策をしない場合、いずれ不調は再発する」

「間気や幽体の異常が、心や肉体の不調に繋がる事も有る」

「間気不足による肉体や心の異常は、他人の間気や低級霊の気が、体に入る事で一時的に治まる場合も有るが、幽体は弱る」

「誤った知識に基づき、自分の間気を人の体に入れている気功家・霊能者・手かざし療法家等がいる

※自分の間気を、神の力や宇宙エネルギーと誤認する人もいる 」

「禅・瞑想・気功・ヨガは、何が目的でも、高級霊の協力無しなら、低級霊に密かに寄られる確率を上げる
(マインドフルネスも同じ)」

「生前に瞑想等をしていた低級霊が、瞑想等の実践者を見つけると、その人に興味を持ちかねない」

「かつては本物の聖地(高級な気が沢山降りる場所)だった所も、現世利益(受験合格・商売繁盛等)を望む念で覆われれば、やがて高級霊魂との接点を失う」

「高級な気が無い場所は、いずれ低級霊の滞在可能な空間となる」
「低級霊も元は人なので、現世利益を望む人達の行き先を、知っている」

「低級霊達の溜まり場には、低級な気が特に多い
※そういう場には、高級霊魂は特に滞在困難 」

「 実は、霊魂とは無関係な悩みだったのに、霊能者に相談した為に、霊魂集団について来られ遊び道具にされる、という人がいるらしい 」

『霊的能力の謎』という本には、こう言う趣旨の記述があります。

「間気の不足で幽体と肉体がズレていると、霊魂は夢に干渉したり、何かしら情報を与え、さも霊感を得たかの様に誤認させたりする事も可能」

「『心を楽にし明るくなれば、悪霊はいなくなる』と言う発想は、一度も本物の霊魂を排除した事のない人のもの」

「人がどんな念を出しても、側で悪戯する霊魂が無関心なら、それだけの事である。
隣でラジオがどれ程鳴っていても、聞いていなければ、ラジオの声がどんな事を話していたかすら、思い出せる人はいない 」

「霊能者側の霊魂が、相談者の家までついて行き、悪戯する霊魂を追い払い、しばらく大人しくさせ、集金後に自分達で悪戯する、という場合も有るらしい」

以下の語句で検索なさると、何かの参考になったり、犯罪の被害に遭いにくくなったりするかもしれません。

「肩 マグネシウム」「被曝 肩」「小麦 肩こり」「怒り 肩こり」「磁気 幻覚」「低周波 幻覚」「ビタミンB3 幻覚」「鉄分 幻覚」「サプリ 正体」

「銀歯 統合失調症」「小麦 統合失調症」「人工甘味料 統合失調症」「シックハウス症候群 幻覚」「被曝 統合失調症 」「脳腫瘍 幻覚」

「コールドリーディング」「マルチプルアウト」「洗脳 手口」「霊感詐欺 対策」

ダエンさん

2019/4/2916:40:56

「第六感」に「磁覚」があると論文出した人がいます
私も霊能なので霊って磁気的な物だと思います
リンに電気で火花が起き人魂とか
で化学反応があると思います磁気を散らす効果があると思います

hin********さん

2019/4/2514:45:50

悪霊や浮遊霊が憑いた時に、人間にどのような物理的作用をするかまだ解明されていません。

症状としては、なんとなく方が重い、寒気がする、だるい、鳥肌が立つ。
こうした症状ですよね。

重要なのは、霊は様々な方法で人に影響を与えますが、人間の物理的操作でそれを止めることができるというのが、過去の事例からわかってきています。

例えば、霊に憑かれて意思に反して崖から飛び降りようとしたとします。そこで、第三者が取り押さえて自殺妨害すれば、ほぼ99%霊の悪だくみを抑えることができます。とり憑かれた人が宙を飛んで飛び降りたり、崖の向こうまで瞬間移動して飛び降りた例はほとんどありません。
つまり、霊が憑依して悪影響を及ぼしたとしても、それは人間の物理的・西洋医学的・東洋医学的に99%が解決できているのです。

憑依による肩が重さがサロンパスで効果があったのと同じ現象です。
肩こりの原因は「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス」などと言われています。霊なんてほとんど何もできませんので、小さな作用をできるだけ大きく人間に影響を与えようとします。
その直接的な力は、ストレスを与えるとか、だらけさせて運動不足にするとか、PCを操作してフォントを小さくするとか、etc

そうした霊の涙ぐましい努力の結果、被験者に肩こりを生じさせ、肩を重くさせると思われます。したがって、憑依による肩こりは現代医学の肩こり対応で十分完治できると思います。

霊の憑依は肩こりだけじゃないと思いますよ。
癌、脳卒中、はしか、B型肝炎など、霊による作用効果はいくらでもあると思います。ストレスが万病の原因と言われるように、霊の力は弱いですが、幅は広いです。

でも、それを治癒するのは、西洋医学が効果あると思います。
何も不思議はないと思いますよ。

kou********さん

2019/4/2423:43:16

さすが久光製薬様です!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mad********さん

2019/4/2421:03:11

サロンパスで効くならもうけものじゃないですか。
大いに活用してみて下さい。
フランスなどでは、アロマで精神疾患を治すこともありますので。

私の知り合いはミント系の香で祓ってましたよ。
ただ重症なのは、匂いじゃ無理かもです。

原理はよくわかりませんが、
時折、臭い霊がいることがなにかヒントになるんでしょうかね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる