ここから本文です

原発推進派さん、ネトウヨ・政治屋さん、IPCCの地球温暖化説・異常気象等を頑...

kou********さん

2019/4/2517:09:28

原発推進派さん、ネトウヨ・政治屋さん、IPCCの地球温暖化説・異常気象等を頑なに信じ、危機感を抱いてる方などは、石油火力・ベース電源である石炭火力発電所を廃止して日本を真暗したり、

危険な政治家の玩具のポンコツ原発の再稼働などで地球が救えるとでも思ってるんでしょうか。

根拠のない机上の空論や軽薄な原発のの狂った学者の安全論にもとずくエネルギー政策により、再三起こってしまった重大事故・過酷事故を反・脱原発派に責任転嫁するどんな卑怯な言い訳しても起こってしまったモノは仕方がありません。

安全を無視した昭和団塊のバカの一つ覚えの原発優位論、とってつけたような発電コスト・危険・経済計算わすれたポンコツ再稼働に特化したコスト論・・・狂った地方再生論?目先の損得ばかり言わないで、これから先の電源構成を考えるべきではないでしょうか。

科学・技術、時代はどんどん変わっていきます。「永久」・「絶対」というものは絶対にないのですから、転んでもケガを最小限にするようなしくみを維持しつつ、常に向上心を忘れずにチャレンジしていくことが、最大の安全になるようなきがします。
将来性がない原発を廃止し、無尽蔵で、真に環境に優しい、化石燃料にかわる、これからの再エネを中心としたエネルギー構成を目指すべきです。

素朴で良い・小さくていい・真に他人のためになると思う知恵を紹介してください。

閲覧数:
115
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2019/4/2520:34:25

御意。

せっかく在る石油火力や石炭火力発電はベース電源を廃止して、危険過ぎる老朽のポンコツ原発再稼働や新・増設などは、全く有り得ない選択肢であり、全面的に御質問者さんの論理展開を支持するモノであります。

御用学者は逆ギレの様に反・脱原発派に重大過酷事故発生を責任転嫁するどんな卑怯な言い訳も、発生した事は原発推進・容認派に在る事は明白であります。

今後の電源構成は、【原発即時ゼロ】で基本的には天然ガスに頼りながらのGTCC(ガスタービン・コンバインド・サイクル=天然ガス複合発電)の新・増設をもっと進める事が第一条件であります。

そして、世界的潮流に成っている再生可能エネルギー比率を、2030年までには50%を、2050年までには100%を目指しつつ、当然に我が日本国の卓越した再生可能エネルギー技術で世界をリードして行かなくてはならないのであります。

正に、将来性の全く無い原発を完全廃絶して、無尽蔵で真に環境に優しい再生可能エネルギーを中心としたエネルギー構成を目指すべきと断言するのであります。

何れに致しましても、世界が再生可能エネルギー100%を最終目的地としており、素朴で良い・小さくて良い・真に他人の為に成ると思う知恵こそ、再生可能エネルギー比率100%であります。

御意。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

yak********さん

2019/5/122:11:00

この質問も、個人の勝手な思い込み、妄想で間違った前提で質問しており、質問になっていません。「放射脳」の質問ですね。

①無資源国、エネ自給率6%、島国、工業立国の日本にとっては、化石(石油、天然ガス、石炭など)、核(原子力)、再エネ(水力、地熱、バイオ:太陽光、風力など)の3種類しかない1次エネの全てが重要なのです。

②地球温暖化問題は、事実か否かの前に、地球物理に関する問題なので、事実を前提とした危機管理をすべきなのです。

③世界でも、日本でも50年以上原発は運転してきていますが、チェルノブイリ以外、被曝による人的被害は0なのです。安全の意味を正しく理解できていなければ、エネルギー問題は語れません。

④調べない、学ばない、考えない、理解出来ない「放射脳」の特徴で、何の科学的根拠も無く再エネを崇拝しますが、再エネの特徴さえまったく分かっていないのです。日本は無資源国ですから20年以上前から国が中心になり、再エネ(新エネ)の開発に力を入れて来ましたが、結局は、画期的な再エネなど無いのです。ですから、高額なFITという制度で導入するしかなかったのです。

こういうことも分からないのが無知な「放射脳」というだけのことです。

無知を晒して騒ぐ前に、まずはエネルギーの基本ぐらいは勉強すべきです。

maa********さん

2019/5/110:53:21

なかなか使ってはくれませんが、有る大手メーカーさんが特許を取り解決出来ずに取り止めた物があります、此はデシプロコンプレッサーのアンロード式を圧力スイッチ式にする事で同じ大きさの物でモータを小さく出来る物です、私は小さな物は0.75kw から5.5kwまでテストをしてメーカーが失敗したチヤタリングもなく回す事がで来ました、此を使うと電気使用量が減るだけではなく料金も安く成ります、しかし世の中自分が困らないと使う気持ちにはならない見たいですね、テスト品は手元に2台有るのですが、それと、ついでですが、プラスチツクゴミとかゴム、廃油等燃やす焼却炉、も作りテストをして成功させています、知ってますか、物を燃やすと炎の色も煙りも無色透明に成る事を。

han********さん

2019/4/2807:57:59

電源構成…電力主眼なら、
基本的な電力需要を 古き良き時代=水主火従の時代相当まで落とすべきでしょう。
産業用は石油ショック以降省エネが普及したのであまり伸びていない
民生用(家庭用・店などの業務用)は激増。昔は電力の大半は産業用だったのに、今では民生用のほうがむしろ多いくらい(世界的に、先進国ならこんな傾向
分別ある人は 遊び/生活の快適さ より 仕事/生産活動 を優先する。使えるエネルギーに限りがあるのなら、マズ産業を優先して民生用は思い切った削減(昔みたいな割合に戻す)を強いられるのは致し方ないでしょう。
店、特に平日夜遅くまで開いているようなパチンコ屋・ゲームセンターみたいなものは思い切って減らす(懲罰的重税が掛かるので減らさざるを得ない)、平日夜は日用品のみ販売のあまり華やかでない生協/スーパーマーケットくらいしか開いていない。
家電は、三種の神器の時代に立ち返ってテレビ・冷蔵庫・洗濯機くらいに減らす。従量電灯の三段目なんかは懲罰的に高いので、みんな節電せざるを得ない。

電力だけ節電しても、
・車を乗り回し
・毎日風呂に入り
・冬は暖房を使う
なんて生活を続けたのでは温暖化防止はおぼつかない
化石燃料を使うタイプのこの種のものは使用禁止or懲罰的な重税。電気自動車や電化給湯暖房なら、不安定な再エネ電気を使う⇒今日は雨だったのでクルマは充電できてません/風呂は沸いてません/暖房はナシですなんて事が頻繁に起るという不便を忍という電力契約。

hik********さん

2019/4/2807:28:11

核融合発電に切り換えていく。
それまでは先送り。

how********さん

2019/4/2807:11:12

反原発派に人格者はいません。
とりあえず漠然と誰かが地球温暖化を解決してくれるだろうと闇雲に思っているだけです。反原発派の過去の意見を見ればわかります。
ただの1つも具体的なプランがないのです。
全てにおいて教科書やネットや自分のイメージから導き出した能書きを書いているだけです。

そんな連中なので災害が起こったときの事が、自分に直接関係あるなどとイメージできるはずがないのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる