ここから本文です

「プライベート・ライアン」

rig********さん

2019/4/2817:08:31

「プライベート・ライアン」

「ブラックホーク・ダウン」
「最前線物語」
「シン・レッド・ライン」
「フルメタル・ジャケット」
「ローン・サバイバー」

この中でリアリティがあってメッセージがあって戦争映画として良く出来た映画は皆様はどの作品でしょうか。

一つ挙げて下さい。

理由も宜しくお願い致します。

閲覧数:
58
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m21********さん

2019/4/2819:00:37

どの作品も戦争の不条理や狂気、善悪等は通用しない戦争のシステムをメッセージしており単純に「戦争はダメっす」的な綺麗事の反戦メッセージは薄い(シン・レッド・ラインは少し説教臭いが)臭いメッセージ性ばかり追求し過ぎると興行を目的とする映画としてはダメダメだろうしリアリティと言っても本当の戦場などは淡々と人が死んでいき映画のようなドラマティックな展開など無いのだろう、ですが単純ドンパチのリアルを追求しなければ(迫力ある戦闘シーンとか)娯楽作品としてはダメダメでしょう、そんなドンパチのリアリティとヒーロー等いない不条理な戦争のリアリティのバランス、そういう観点から言えば「ブラック・ホーク・ダウン」がその辺のバランスを保ってる気がします、

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oom********さん

2019/4/2820:21:06

「プライベート・ライアン」 ですね、上陸戦闘シーンは
The Longest Dayに遠く及びませんが、ドラマチックな
内容でただのドンパチとは違いますね。
主人公はリチャード・ウィドマーク主演「地獄の戦場」
を模倣していますね、出身が学校の先生、手が振るえる
・・・そっくり。

riv********さん

2019/4/2817:38:41

ブラックホーク・ダウン


兵士たちはなぜ死にそうな目にあって、命を落とすかもしれない戦場にまた戻って行くのか…

その答えを教えてくれたからです。



(=゚ω゚)ノ

プロフィール画像

カテゴリマスター

dev********さん

2019/4/2817:27:36

「シン・レッド・ライン」と「ローン・サバイバー」は未見ですが
それ以外で言うと やはり「プライベート・ライアン」ですね。
①リアル
②メッセージ
③良く出来ている
全て合格していると思います。

例えば「最前線物語」は②が突出して①がちょこっとという印象
「フルメタル」は③が突出しているだけ(原作通りなのですが)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる