ここから本文です

ドイツでエリカ行進曲、ヴェスターヴァルトの歌、パンツァーリート、Es war ein Ed...

アバター

ID非公開さん

2019/4/2820:58:26

ドイツでエリカ行進曲、ヴェスターヴァルトの歌、パンツァーリート、Es war ein Edelwaiss(それはエーデルワイスだった)を歌うだけで殴られる、白い目で見られると聞いたことがありますが、歌詞の意味的にナチスやプ

ロパガンダ的意味が入ってなくてもドイツで歌うのはNGなんですか?

閲覧数:
32
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

glo********さん

2019/4/2821:50:43

法律上は問題はありません。
歌詞が「現代にそぐわない」として敬遠される事はありますが、少なくとも殴られるとか白い目で見られると言う事はないでしょう。
実際、陸上自衛隊ではドイツ軍の要人が来日するとパンツァーリートを演奏して歓迎する事もあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cel********さん

2019/4/2822:06:26

曲によると思います、例えば「ケーニッヒグレッツ行進曲」はヒトラー政権の行事などで決まって演奏されていた曲なのですが、現在のドイツでも人気のある行進曲で、ドイツの軍楽隊のレパートリーに必ずある曲だそうです。

一方で「ホルスト・ベッセル・リート(旗を高く掲げよ)」は歌えば通報されてしまうそうで、実際に知人が西ドイツ当時に旅行中、口笛を吹いたら警察官が来て一時拘束されたと言っていました。

goi********さん

2019/4/2821:28:51

https://www.youtube.com/watch?v=gJhmUUxfEU8

少なくとも『Der gute Kamerad』は公式の場で演奏されるようです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる